2016-02-25

選択について


何か選択をするとき気持ちに従うのか、信念に従うのか、他人に委ねるのか。

こう並べてみると、気持ちに従うか信念に従うに決まってると言いたいところだけど、実際には他人に委ねてばかりだ。

なんでそうなってしまうのか。自分の選択を自分管理することがどうして難しいのか。

まず、気持ちというのは本当にその日その日で変わる微妙ものなので、これに従うとうまく生活できそうにない。その日その日の気分を優先することが、責任感のないやつくらいの評価で済めばいいけど、雇用主に賃金を払い続けてもらえる保証はないし、恋人に一緒にいてもらえるわけもない。

次に、宗教的な何か信念みたいなものでもって自分を律するのはどうか。これについては、信じられるもの、信じたいようなものが無いというのが正直なところ。中学校部活の時は割とそれに近いものに染まっていたけれども、そういう純粋さも今は無い。

そうやって残ったのが、他人に委ねるという選択。

たまたま自分が歩んできた道の上をそのまま歩き続けて、すぐ目の前の人についていく。その先に何があるかわからないけれども、周りの人とぶつからないようにすたすたと歩ければ上出来とする。

けれども、前を歩いてる人が急に穴に落ちて消えるかもしれない。道を歩く人が増えて追いやられてしまうかもしれない。そうして1人になったとき自分は新しい道を選択する力を持っているだろうか。

…ということを少し酒を飲んで考えていたわけですが、結論みたいなものは何もありません。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20160225000142

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん