2016-01-26

退勤後の習慣

仕事を終えて会社ビルを出た瞬間、自分お腹自分包丁でぶすぶす刺す妄想をする。

だいたい紫色茶色のドロっとした液体(スライムのような)がお腹から溢れ出て、今日1日あった仕事の嫌なことがフラッシュバックする。

今日だったら、お客さんからメールに対して意図に沿った返信ができなかったこと、上司障害の原因をうまく報告できなかったこと、部下の物覚えがわるく作業指示通りに動いてくれないこと。

自分の何がダメだったのか、どうすればよかったのか、そもそも根本的原因は自分なのか相手なのか。

そんなことをぐるぐる考えていると、5分くらいで吐き気がしてきて胃液が上がってきてゲホゲホとむせて思考が停止する。

ああ、こんなこと毎日やりたくない。

ああ、もうすこし精神的肉体的にもましな仕事したい。

誰かこの状況から解放してくれないかな。

解放できるのは自分自身だけだってわかってはいるのだけれど。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160126204643

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)