2015-02-17

自分のみっともなさと向き合えない事

結局、自分がどうしようもない状況に陥っている全ての原因は

自分自身の駄目さ・みっともなさと本来意味で向き合えていない事じゃないかと思えてきた。

例えば、やるべき事を先延ばししてしまうだらしなさ、他人に怒られたくないがためにその場しのぎで嘘をついてしまう癖、

疑問点を適当放置してしまう事、他人にいろいろ言われたくないから報連相ができない事、

努力が一切できず成功だけ夢見てしまう事みたいな「駄目でみっともない人間」的な欠点自分には大量にある。

それに対して、自分自身根底には「俺は何だかんだ言っても根本は誠実で真面目な人間だ」という考えと

それに基づくプライドがあるから欠点自覚しているもの直視してプライドに傷を付けるのは避けたいと思ってしまう。

そこで、欠点2ちゃんツイッターネタっぽく語ったり、他人への自己憐憫まみれの人生相談として喋る事で

「駄目な自分」というある種キャラ的なもの自分の中に作って無理矢理プライドを維持させようとしたり、

「俺は駄目な奴だ…」という自覚しまくる事に全部収束させて封じ込めたりしてしまう。

そういった行動で自分欠点と向き合えているつもりにだけなり、結局いつまで経っても根本的な解決に至らないのかもしれない。

要は他人に指摘されて恥ずかしい思いをする前に自虐する事で防御してしまおうという事なのかもしれないとも思えてきた。

単純に他人に怒られたくないというか、プライド無意味に高いだけなのかも。

あと自業自得というか、自分欠点や行動で酷い事態に陥っているという事実を認めたくないのもあるのかもしれない。

書いててよく分からなくなってきたが、もうどうすればいいのか分からない。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20150217125235

記事への反応(ブックマークコメント)