2014-01-31

「嫌なことを思い出す病」になった時の対処

寝付けない夜、どこからともなくやってくる嫌な記憶。一度思い出すと関連する記憶永遠と湧き出てきて、もう寝付けない。お前らも体験したことあるよな。俺もこれに苦戦してて、色々な対処法を試してきた。その中でマシな方法を見つけたから、紹介する。即効性があるし、かなり手軽だから、とりあえずやってみ。

結論から言うぞ。海馬を鍛えるんだ。海馬っていうのは記憶を司る部分ってのはぽまえらも知ってる通り。そこが働くと、記憶コントロールできるらしい。逆にストレスが溜まると、海馬が萎縮する。PCで例えるとメインメモリってやつ。そこが小さいと、1つのことだけにとらわれてネガティブネガティブなっちまう。逆にそこが大きいと、おおらかに考えられるようになるらしい。by Google

まぁいくら理論がご立派でも、効果を実感できなきゃどうしようもないよな。さっそく実践に移ろう。

方法を言うぞ。「脳トレ」をするんだ。その中でも「記憶系」のやつ。フラッシュゲームとかでもあるけど、今回は寝てる時にもできる海馬トレーニングを紹介する。2つあるから、好きな方をやってみてくれ。

1、多重しりとり

頭の中でしりとりをする。このとき、2つ前の単語も思い出す。例えば、「しりとり」「りんご」ってやるよな。次に「ゴリラ」って言う前に、「しりとり」「りんご」を思い出す。そして「ごりら」。 次は「りんご」「ごりら」「ラッパ」とか。『なんだ簡単じゃんww』と思ったそこのぽまえ。意外と難しいぞ。やる回数や、即出単語とかもあんまり気にしなくていい。適当疲れたらやめる。

2、除算乗算チェーン

暗算だ。かけ算と割り算を交互にやっていく。例えば

100/7=14

14*8=96

96/6=...

こんな感じだな。あまりは気にしないし、忘れたら適当数字からはじめる。これも無理しすぎず、疲れたらやめる。やりずらいなら足し算やら引き算やらに切り替えてもおk

どちらの方法単語数字で頭が一杯になる感覚大事。はじめは脳が疲れて嫌なことを思い出さなくなる。だがしばらくやると脳が広くなった感覚(こうとしか言いようがない)がになって嫌なことは思い出すんだが、なんだかすぐ頭から消えるようになる。客観的に考えられるようになるっていうか・・・説明しづらいが、嫌なことをいつまでも考えなくなることは保証する。

やってみてダメだったらどうぞ叩いてくれ。だが、もし効果があったなら、同じことで悩んでる奴らに、この方法を教えてやってくれ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140131064817

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)