2020-05-26

anond:20200525203445

最後の審判問題

1997年に発表された縫田光司作の詰将棋最後の審判」によって提起された問題

将棋ルールには、「同一手順の無限ループは、片方の連続王手場合は4回目のループに入った時点で王手をかけている側の反則負け」(連続王手千日手)というルールと、「持ち駒の歩を打つことで王様を詰ましたら反則負け」(打ち歩詰め)というルールがある。

この二つの一見関係しそうにないルールは、実はある場面において深刻な問題を発生させる。それは

「Xが歩を打って王手をした時、Yがその王手対応する手が『Yがそれまで続けていた連続王手の4回目のループに入る手』しかない場合、Yは対応する合法手がないということなのだからすなわちYの王様は詰んでいて、Xが歩を打った手は打ち歩詰めの反則にあたるのではないか?」

という問題である

現在のところ、この問題に対する将棋連盟公式回答は出ていない。

参考:詰将棋作品?『最後の審判』(縫田光司氏のウェブサイト)

記事への反応 -
  • 首ナイフ問題 Q.敵NPCが人質の首にナイフをつきつけて脅迫したものの、プレーヤーは大人しくしなかったのでゲームマスターはNPCが首筋を刺して人質が死亡したと処理した。しかしルー...

    • 最後の審判問題 1997年に発表された縫田光司作の詰将棋「最後の審判」によって提起された問題。 将棋のルールには、「同一手順の無限ループは、片方の連続王手の場合は4回目のループ...

      • この問題は知ってたけど 作った人が数学者で東大の准教授だとは知らなかった、なんというかさすがだなあ

    • キングメーカー問題はアタック25で見るやつ

      • 3人(3チーム)以上で対戦するゲームだとだいたいなんでも起きるyo カタンなんかは1位が誰なのかって判断も個人差あるからそれで揉めがち

      • アタック25は1位がなくなってもだいたい獲得枚数=賞金の最大化で動いてる気がするなあ

        • え、獲得枚数で賞金が出るの? 最後に獲得したパネルのぶんだけVTRが見えるやつだけだと思ってたわ

          • パネル獲得数×1万円もらえるらしい 勝敗わける最後の一枚を全然関係ないやつが取って寒い終わり方するのを空気読めと思ってたけど それを知って1万円もらえるんじゃしょうがない...

    • ウェイソン選択課題 ( 4枚カード問題 ) 人の論理的な思考プロセスが、論理だけによって構成されているわけではないことを示す課題。 以下の2つのような課題のことである。 4枚のカ...

    • 面白い

    • 首ナイフ問題とか それこそwizardryみたいにくび を はねられ たり はたまたTRPGの自由さを尊重してなんか元からNPCさんの首に粗塩を塗るだとかで切り傷が付かないようにするとか、 ...

      • 「首ナイフ」は「首にナイフ突き付けてる状態からのダメージ量」と「武器と武器を向け合ってるときの被ダメージ可能性に基づく期待値」が同じなわけねえだろjkで済む話だと思う。前...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん