2019-05-20

自分に払うべき人生のツケ

「いつか報われるから、今は頑張ってくれ」

自分にそう語りかけたことが、今までの人生で何度あったのだろう。

そのいつかはいつまでも訪れることなく、報われもしないのに限界を超えて頑張り続けた俺達は特区の昔に限界が来ていた。

自分言葉すら信じられなくなっていた。

ツケだ。

ツケの催促だ。

無利子、無担保、無期限、自分相手のローンなんてかんたんに踏み倒せる。

気持ち問題と言い張ってメンタルハイパーインフレを起こして、精神的な国家財政破綻宣言をあげれば終わりだ。

そんな甘さで積み上げてきた精神的なツケ、それが育ちすぎた。

頑張れば報われることを信じている俺はもうだいぶ少数派になり、心の王国には諦めムード浮浪者(不労者)が屯(たむろ)している。

希望、失ってみると分かるが、何だかんだ多少はこの手に収まっていたのだ。

その投資を見事に失敗した。

もう頑張れない。

ムチを打っても、人参をチラつけても、もう動く気になれない。

永遠に寝ていたい

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん