2016-02-26

高度に仕組み化した体制無能と見分けがつかない

気合いでガシャガシャやっていた時代から脱却するため、システム部と協力して自動化・仕組み化を推し進めた結果。

生産性ものすごく向上。俗人性も減って、スキルが無い人間でも一定の成果が出せるようになった。

それから数年。

仕組みの一部が時代遅れになってきた気がするので、再度要件定義して改善しようとしたら、業務の裏側を言語化できる人が誰もいなくなっていた。

システムの中を解読しないと、何がどうなってこういう結果になっているのか誰もわからない。

人力でやったらこれこれこういう作業必要になるからこの部分をこうやってシステム化した

という経緯を知っている人は誰もおらず。ボタンを押したら結果が生成される、という認識

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20160226215233

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん