2015-10-03

里見

この手紙をもって僕のHMTLコーダーとしての最後仕事とする。

まず、僕のHTMLソースを解明するために、Another HTML-lint 5に構文チェックをお願いしたい。

以下に、html5についての愚見を述べる。

html5対応を考える際、第一選択はあくまIE8対応であるという考えは今も変わらない。

しかしながら、現実には今回の案件場合がそうであるように、

仕様の時点でIE8対応を含めた案件がしばしば見受けられる。

その場合には、html5shiv.jsを含むIE8対応必要となるが、

残念ながら未だ満足のいく成果には至っていない。

これからhtml5の飛躍は、IE8対応以外の対処法の発展にかかっている。

僕は、君がその一翼を担える数少ないHTMLコーダーであると信じている。

能力を持った者には、それを正しく行使する責務がある。

君にはhtml5の発展に挑んでもらいたい。

遠くない未来に、IE8対応による死がこの世からなくなることを信じている。

ひいては、僕の屍を構文チェッの後、君の研究材料の一石として役立てて欲しい。

屍は活ける師なり。

なお、自らHMTLコーダーの第一線にある者が早期対応できず、納入不能の炎上案件で死すことを心より恥じる。

財前五郎

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん