2015-09-24

もうすぐ大学が始まる

もうすぐ大学が始まる。

28から授業開始だ。26日には京都入りする。

東京よりも鬱屈とする京都地獄になるだろう。

大学でもトップクラスに汚い、自分他人も見ていられない己の肌は冬になるとさらに血やら膿やらを吐き出しカオスになるし、容姿の良い女はタートルネックやらを着て胸を強調してくるだろうから生きるのが苦しくなる。

父親の年収が数千万円でも自分は生きているのが苦しいのだから、やはり金ではもう如何にもこうにもならないのだろう。

でもどうして生きているかというと、父の作った人形がある街で4桁の番号をもらえるかもしれないのだ。

4桁の番号を手に入れると自分は数十億円の資産が手に入るそうだ。

しかし、父親が死ぬと全てがおじゃんになる。数十億円の資産も入らないし、父が稼ぐ金はなくなる。

金も入らなくなるから自分は生きていくのが苦しくなる。

ただでさえキモい容姿はより年をとり酷く醜くなるのは確定済みだ。

もし、父が生き続けて、数十億円の資産が入っても今の醜い肌や髪、容姿全て、腎臓は治らない。

美しい容姿で生まれたかったけども、どうにもならないのはわかっている。

人形が4桁の番号をもらって容姿が変わらないことに絶望するまでは生きたい。

もしくは4桁の番号がもらえないと分かったときまでは。

  • http://anond.hatelabo.jp/20150924011959

    こんにちわ。 同じ大学の文学部2回生に通う女です。 校内ですれ違ってるかもしれないですね^ ^ あなたの文章を読んで、あなたに興味を持ったので、もし大学で見かけたら声をかけたい...

  • http://anond.hatelabo.jp/20150924011959

    0000ー9999 たったの1万通り 力ずくでなんとかなる

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん