2015-03-03

万華鏡

万華鏡を覗いてみたくなった。だがあいにくカネがない。

そこでおれはトイレットペーパーの芯とアルミホイルを用意した。

そしておれはいものように妖精を飼っている

知人のところに行って事情を話した。

友人を介して妖精に、おれが万華鏡を作ろうとしていることを妖精言葉

伝えて貰う。妖精ひとつだけ条件があると言った。

それは、毎度ながらおれの耳を貸せというものだった。


妖精といっても種類は様々だ。友人が飼っている妖精蟻ん子ほどの大きさだ。

そんな大きさの妖精が、おれの耳の穴に入り込んでくる。

妖精はおれの耳垢が大好きなのだそうだ。粘り気のないサラサラした

あっさりとした耳垢が美味しいのだという。おれは耳がこそばゆいのを

我慢しながら妖精に耳を預けた。妖精が耳垢を舐め取る

ゴソゴソという音が脳に直接響いてくる。

どんなノイズミュージックよりも気持ちがいい。


そんなふうにたらふくおれの耳垢を食べた妖精は早速

万華鏡作成作業に取り掛かる。トイレットペーパーの芯の中に

アルミホイルを貼り付けていくのだ。妖精自分の唾液を糊として

アルミホイルをぺたぺた貼っていく。うっかり潰さないように

こちらも気をつけなければならない。まあ、踏んだくらいで死ぬような

妖精ではないのだが、これは怪我ではなく不機嫌の問題に属する。


出来上がった万華鏡の片方の穴を紙で塞いで、中に妖精を入れる。

おれはそのトイレットペーパーの芯を覗き込む。

妖精は自ら光を放つ。それが内部に貼り付けたアルミホイルに反射して

ちょうどいい塩梅幻想的な世界を映し出してくれる。

つべものは友だ。そう思いながらおれはその万華鏡にうっとりと魅入る。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん