2009年11月24日の日記

2009-11-24

http://anond.hatelabo.jp/20091123204354

昨日の話題にごめんなさいよ。

10年前のユニクロと今のユニクロはだいぶ違うから、だまされたと思って見に行くといいかも。

(買えとは言わないので安心してくれたまへ)

ユニクロが違うというより、デザイン一般が違ってきた感じ。

10年前は、一般向け衣服のデザインはある程度ゆとりがあるのが普通だったけど、

(だからぴったりめのブランドものがかっこよかった)

今は身体にフィットするデザインが主流になってきてる。袖のガバガバもだいぶなくなってるよ。

http://anond.hatelabo.jp/20091124225132

すげー。

どうやって生活費捻出してるの?親の遺産とか?

日々何をして生きてるんだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20091124003850

シャロンとユウとそのユーザーがボコボコにされてるな。

あんだけえこひいきされればなあ。

ビッグバンド

SEなんて無い時代はお抱えのビッグバンド演奏を総て任せただろうさ。

芸人コントが終わって踊りながら舞台を降りる〜旬のアイドルが出て来て一曲披露する。

という一連の動作が、同じ演奏者によって賄われていたようだ。

一つ、忘れていた事が有る。

ワタシはジャズ喫茶やバーなんかに入り浸った事は有るが、

「曲のリクエスト」はした事が無かった。

次に行った時はコッソリ、『オレンジ色は彼女の色』でも頼もう。

誰の奴を流してくれるのか...。

あるいは誰かがその場で演奏してくれるのだろうか?

                  〜T/H

http://anond.hatelabo.jp/20091124225057

昔は量子力学ネタとかでブクマしてくれる人がいたもんだが、最近いなくなったな…。

http://anond.hatelabo.jp/20091124220150

それが何の関係があるのでしょう。

私が学生だろうが勤め人だろうが(当事者スパコン関係者だろうが)

書いたこと以外のことは関係ないと思うのですが。

納得の行く回答をしていただけるのなら答えますけど。

http://anond.hatelabo.jp/20091124231731

てか、働かなくていいならいいじゃん。

苦労してなった専門職でも、給料安いわ、休みはないわ、

サービス残業あたりまえ、天引きすぎ

親元にいて、週2~3バイトして、それお小遣いにして、

旅行とか買い物するの。サイコ

てか明日休みたい・・・。一日中家にいたい。

久しぶりに

地下鉄日比谷線に乗った。

なんなんだあの遅さは。

普段浅草線乗ってるとイライラするほど遅いな。

気づいちゃった

今日という日はもう二度と来ないということに


毎日



やればできる は =できない

その物事はやればできるとしても

時間に間に合わせる

 ということが できない

時間に間に合わせる

ということは できない

やればできる イコールできなかった






で 気づいた

今日という日は二度とこない





毎日どんな風に暮らしている?

今19歳

今19歳

だから、もう18歳にはなれない。

今19歳。

あとは、20歳とか21歳とかが待ってる。

19歳より若がえることはなくて、後は年をふやしていくだけ

だから今が一番若い

これから自分が行動できる時の中で、今が一番若い

これからくるどんなときよりも、今が一番若い

スーパージョッキーやってた頃に

蓮舫が国の予算仕切るとか

そのまんま東知事するとか

言ってたらきちがい扱いだったろな

マイルスジャケットは。

自画像制作当時の彼女写真(笑)が多い。

ワタシはワガママなので、音もヴィジュアルも徹底的に痺れさせてくれないと嫌だ。

「歌が下手でも大丈夫か?」ってのも有るが、カワイイ子なら許すってのはもうしょうがない。

結局CD聴覚メディアにも関わらず、視覚と区別される事は無かったと思うし、

これからは別々に成るって事も絶対に無い。

だがこれも組織に成れば違う。

個と集団の在り方。問題はもっと根深い。

                   〜T/H

安定しちゃってる

http://anond.hatelabo.jp/20091124223559

 私は社会から引きこもって10年が経過しようとしています。31歳にして社会経験全くなしです。

ひきこもりといっても外出は出来るし、買い物もするし、カウンセリングへも通っています。

ただ無職家族カウンセラー以外に話す相手がいません。でもこの事実は大きいと思うのです。

 こういった生活を10年続けてきて、しかも今現在、妙に生活が安定してしまっています。

もちろん親に食べさせてもらっています。父親もあと数年で定年です。財産があるわけでもありません。

それでも危機感は無く、毎日の生活を淡々と過ごしているだけです。

適度に運動をし、意味も無く英語勉強をし、夕食の用意をしたりしています。

日々の生活だけを考えれば、本当に安定してしまっているんです。しかし状況は深刻なんですよね。

 こう書くとただの甘えで、現実逃避しているだけじゃないかと思う人もいるでしょうし、私自身も思う時はあります。

だけど“甘えだ!”だけで済む問題なのでしょうか。

本当に私はどうなっているんでしょう?病気だって言われれば納得できるけど、どうもそうでもなさそうだし。

最近カウンセリングで私は”生きる事に無力なんだ”って思うようになったけど、そうだったらどうしたら良いのでしょう。

http://anond.hatelabo.jp/20091111165000

これ、真顔でいう奴いるからね。

いいわけすんな!」とか言いながらね。

失業率100%にならなきゃ「就職できないのは努力不足」って言い続けるんだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20091124223559

自分の父親が高齢引きこもり大学でてから働いたこともないままもうすぐ還暦

http://anond.hatelabo.jp/20091124223015

頭の良い人ばっかりの増田って想像つかないなー。

高等数学ネタに盛り上がる増田とか高度すぎて嫌だ。

結局

がんばらないで人生良くなる方法なんてないんかねえ。あああやるしかないのか。

http://anond.hatelabo.jp/20091124220925

そうなんだ。訂正どうも。

つか今うぃきぺであ見たら(書く前に見ろって話か)

摂政じゃなく自分で政務とってたのね。

非モテなんだけどさ、

親父は出張のあいまに、たまたま旅行にきてたオカンをナンパして、それから文通を経て結婚に至ったらしい。

おかんは65歳だけど、生涯男は親父しか知らないっぽい。

http://anond.hatelabo.jp/20091124214113

彼女さんのような考えの人もいるだろうし、

相手にメールを返信している時間、拘束されてると感じないでいられるのが恋人だという考えの人もいるだろう。

そのあたりの考え方があまりに違うと続けていくのがつらいよね。

高齢ひきこもり問題

 私は、1965年早生まれ東京五輪世代です。ひきこもり問題については、多くのひとが、30歳未満、あるいは35歳未満を想定していると思われます。けれども、40歳前後40歳以上のひとたちの存在については、ただきもちわるくみられるだけで、専門家にしても、当事者にしても、あまり語られていないように思います。

 私たちが、思春期から青年期をすごした70年代から80年代にかけて、ひきこもり問題が語られることは皆無に近く、私もそうですが、ひとりでさびしく、えたいのしれない悩みにむかっていました。このところようやく、ひきこもり問題が社会問題として、クローズアップされましたが、もうそのときは、私たちは、青年とはいえない歳になっていました。

 わたしは、この歳になっても、自分自身の思春期の問題が解決されたり、思春期葛藤をのりこえているとは思えません。思春期青年期に卒業していなくてはいけない問題が卒業できずに、今後は、自殺率の高くなる中高年期をむかえるわけで、こころのなかに、累積債務たまるばかりで、不安でいっぱいです。 現在、語られているひきこもり解決策は、私からみると、20歳前後のひとたちを想定しているように思えます。歳に関係なく共通することもあるかもしれませんが、人格がかたまり、人生の年輪だけが増してしまった、高齢化したひきこもり者の解決策は、個人や家族だけではとうていうかびませんし、専門家の間でも、語られにくい、あるいは良案がみつかりにくい問題なのかなあと思います。

 私自身、大学卒業後、何度も就労にトライしたり、精神科カウンセラーデイケア自助グループなどを利用して、専門職をめざしたりして、あの手この手をつくしたのですが、もう万策つきてしまったと感じています。人生破綻したとおもっています。 私のように、思春期青年期から引きずっている中高年のひきこもりは、ほんとうに、「終わらない思春期」の問題だと思います。思春期青年期・中高年期の対人不安社会不安などが複雑に入り混じった問題について、希望のみえる打開策をもっと社会全体で考える気運があってほしいです。専門家の方には、高齢者グループにしぼって、ひきこもりの打開策を研究していただきたいです。

 高齢者グループひきこもり者たちは、なぜ、ひきこもりから抜けた出せないかというと、数十年前から現在にいたるまで、当事者が単独でもがき苦しみ、若い世代と比べて、ほとんど社会において、ときには専門家においてでさえ、扱いずらい、扱おうとしない問題だったのではないでしょうか。そして、年月を増すごとに、悩みや問題がこじれる一方だったのではないかと思います。

 「残りの後半生、わずかでも希望をみいだしたい」「すこしでも、ひとのやさしさやあたたかさにふれてみたい」「えたいの知れない孤独な気持ちをわかってほしい」「すこしでも、おとなとしての自信をもちたい」これらが私のこころからののぞみです。

 このように私と似たような悩みやお考えを持っている方、いらっしゃいませんか。個人的には、ひきこもり高齢世代と自称されるかたがたにこそ、インターネットでもその他の手法でも

かくれていないで、ひとりでもやもやしていることを思い切って語ることができれば、みんなで考えあう気運がもりあがるかもしれないと思っています。

ReTweetが怖い

頼む、一部分だけ抜き出して反対の意味にとれるようなコメントをつけてばら撒かないでくれ。

俺はそんなつもりで言ってない。言いたいことがあるなら自分言葉で発信してくれ。

そろそろみんな気付き始めてるんじゃない?

どこの大学を出てようとも仕事のできない奴はできないし、できる奴はできる。

東京でなければできないこと=レベルの高いこと。凡人が東京に拘る必要性はない。

匿名日記が書きたくなった。

3年前くらい前からmixi自分のことを全く知らない人に向けて日記書いてた。

そして現在気づいたらオフ会とかでぽろっとリアル自分のことを話してしまい、以前は出来ていた言いたい事をばしばし書くことが出来なくなった。まあ自業自得なんだが。

そんなわけでこれからここで王様の耳はロバの耳とつぶやいていこうと思う。

てかこれってちゃんと匿名になってるのかな。

そんなわけでテストもかねての更新

http://anond.hatelabo.jp/20091124210448

そうだったのか。山之内の薬をよく使っていたので、てっきり同じだと思い込んでいた。

ロートは所謂普通風邪薬からは撤退みたいだな。

http://anond.hatelabo.jp/20091124214407

いやもうその通りだと思う。プロスポーツなんかでもそう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん