2016-02-17

「なるほど」という言葉が「正しい」敬語として認知されて欲しい

「なるほど 敬語」でググると、どこもかしこ敬語の場で使ってはいけない言葉だとばかりある

キャリアマナーといった言葉であふれるサイトが、「変な感じがします」だの「気持ち悪いですね」だの特に根拠もない印象論でそう断じるのだ。

以前から俺はこういったサイトに言われるがままに「なるほど」を使わないよう努めてきた。

だが「なるほど」を言い換えるのは毎回微妙にひっかかってしまう。

どれもこれもニュアンスが「なるほど」とは微妙に違う。

敬意を含ませ、かつ元の「なるほど」の使い勝手を残した言葉昇華されていない。

からそろそろこの「なるほど」を敬語の中で使わせて欲しい。


勝手に使えばええやん?」とはいかない。

この「敬語」という、理不尽相手評価する「制度」においては、一人勇み足で行動することは即、死を意味する。

(これに関連して「ら抜き言葉」についても可能と敬意を言い分ける素晴らしい表現だと思うが、公の場では非難を浴びる可能性が高いので決して使うことはない。)

冒頭で「特に根拠もない」と吐き捨てたが、そのページがGoogle検索結果のトップに来ていることが何よりの「根拠」となってしまっている。

「なるほど 敬語」でググれば誰もがそのページを見て、「『なるほど』は敬語だと使っちゃいけないんだー」と思い、それが「制度的正しさ」を高めているのだ。

だが俺はこの便利な言葉を使いたい。

この言葉が本当に敬語の中に入れれる言葉なのかどうか、今の検索結果を塗り替えるほど「正しい」事を示す根拠があるかは俺には分からない。

から誰か、口が達者で頭が切れ、何より著名な詭弁家の方々に、どうかこの言葉敬語として世に示し、そしてそれをこの1年で「制度」に取り込まれるまでに広めて頂きたい。

頼む。


あと、敬語を気にする人種ほとんどYahooを使ってるからそっちの検索結果で頼む。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160217000254

記事への反応(ブックマークコメント)