2013-05-12

天才性と秀才

天才性はある事柄を学んだ時に感覚的に理解することができる能力で、

秀才性はある事柄を学んだ時に直感的な理解は得られないが、

一つ一つ段階を踏むことで理解することができる能力だ。

と仮定すると、天才性と秀才性にはある種の連続性が存在する。

天才性をエレベーターに例えるなら、秀才性は階段である

この意味では誰もが天才性と秀才性を有する。

多くの人が1+1=2という決まりごとは直感的に受け入れることができるし、

ある程度の段階まではエレベーターに乗って進むことができる。

しかし多くの人が小学校中学校と進学するに連れて徐々にエレベーターを降りて階段を進まなければいけなくなるだろう。

だが階段を進むだけでもかなりの高さに到達することはできる。

高校大学あるいはそれ以上の段階までエレベーターで登っていけたとしても、

どこかの段階で誰しもエレベーターを降りて階段を歩むことになる。人間は全知全能でないから。

ただし階段を登りはじめたあとでも、人によっては辛抱強く階段を登っている途中で再びエレベーターが現れることもあるし、

稀にはじめから高いステージにいるがゆえに乗るべきエレベーターがわからず発揮されない天才性もあるだろうけれど。

で、

エレベーターをまずまずの高さで降りた人ってのは、エリート意識が高いってのはまあいいんだけど、

そのくせ自分天才じゃない=自分凡才って思ってる人が多くて、扱いづらい面がある。

凡才自分でもこれくらいはできるのに、それすらできない奴らは何なの?ゴミなの?

っていう態度が透けて見えるから

勉強できた子あるあるってのをはてブで読んだんだけど、

学生とき周囲より少し高いところまでエレベーターで行けたってのが未だに心の拠り所になってる人ってのは、

エレベーター中途半端な高さで降りちゃったけど、その後階段を登る気力がなかった人たちに多いのかなあと思った次第。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130512184416
  • 人間性と学歴の高さはあまり関係ない

    http://anond.hatelabo.jp/20130512184416 エレベーターをまずまずの高さで降りた人ってのは、エリート意識が高いってのはまあいいんだけど、 そのくせ自分は天才じゃない=自分は凡才って思っ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130512184416

    天才性と秀才性の真ん中くらいに「エスカレータ」に位置付けられるモノがあると思う。 「エレベータをまずまずの高さで降りた人」ってのは正確にはエスカレータを駆けのぼってエレ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130513113346

      最初から 階段だったし。それも舗装されてない山道だったし 階段が荒れ果てただの山道になっても、昇ると思う。 だけど、高さを言われたら、高尾山くらいか。エレベーター付きの...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130513114708

        例えが意味不明。 キミ個人の道が高尾山の山道で他の人間はエレベータ付富士山って具合なわけじゃなくて、高尾山なら高尾山をエレベータやエスカレータや階段でのぼる連中がいるん...

        • http://anond.hatelabo.jp/20130513120158

          笑った。おれは高尾山ではあるが、登山できるんだって話だよ。

          • http://anond.hatelabo.jp/20130513123028

            20世紀末あたりで「情報過多」ってキーワードが出て来たが、 「他人はこういう人生を歩んでいるのになぜ自分は同じ人生を選択できなかったか」って悩んだり、モラトリアムに陥る事...

    • 天才はエレベーターってのは間違い

      本当に本物の天才性はテレポートによって為される というか、エレベーターもエスカレーターも階段も山道もホントは全部テレポート 真性テレポート>エレベーター>エスカレーター>...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130513130902

        飛躍は「凡愚にとって莫迦と天才は紙一重」の内容。飛躍能力が凡愚には付与されていない。 飛躍する才能がない凡愚は、かれらに理解不能な天才をアスペルガー症候群など精神病扱い...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130512184416

    天才って、「自分に最適な練習方法」ってのを見つけられた人 or それを感覚で理解している人の事なんじゃないかなあ。 勉強のノウハウ、方法論ってのは色々な所に転がっているけれど...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130512184416

    才能ってのは物心付く前後にやってたことに対して身につく。自分は何が得意なのか迷ったら子供のときの事を思い出してみればいい。 これは経験から導き出した自分なりの真理。具体...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130512184416

    天才の定義についての議論は増田の意図するところとは違う気がするけど、 ブクマでもトラバでも天才とは〜だってのが多いね。 真の天才はテレポートだってのは僕はちょっと違うと思...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130514194156

      それは秀才だな。アインシュタインは秀才。 カントによれば「再学習可能な才能」は秀才。 詩人みたいに後追いできない才能が天才。 宮沢賢治と全く同じ詩は二度と誰も詠めない。再...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130514194156

      フィクションだけど、あるキャラクタの天才性の描写として、齢3歳で辞書を発明したってのがあった 辞書の存在を教えられて知ったんじゃなくて、辞書という概念を自力で発明したの ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130514200430

        横増田けど、多分学問分野での「天才・genius」という言葉は、レオナルドダヴィンチなどのルネサンス人が芸術の才能人だったことから、中世以降にヨーロッパで学問分野での優秀な人...

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)