2019-04-08

週末

「118円」の価格シールと「30%OFF」の割引シールを並べて貼ってあったポテチ

レジ会計すると118円だった。

118円から30%OFFされるものと思い込んでいたので、聞いてみたら

30%OFFされた後の額が118円なのだとか。

のぼりさんと悟られないように、さようですかと平静を装ってnanacoで支払ったけれど

ずっと海なし県育ちだったので、横浜の商習慣に困惑した。

このコンビニ特有なのかもしれないと思って、次の日にスーパーをのぞいてみたが

そこでも「2割引 ※表示されている価格が割引後の価格です」とPOPがあり

割引表示のいかんにかかわらず、値札の額が最終価格のようだ。

今ついている値段からレジにて割引するより、最初から割引後の値段が示されている方が分かり易いのは確か。

中華街が近いのでそういう表記になったのだろうかと思い、調べて知ったのだが

どうやら中国では割引を「価格に対する掛け率」で表すらしい。

日本の「30%OFF」が中国からは「70%OFF」と勘違いされる可能性がある。

割引シールは厄介な存在なようだ。

おのずと値札シールに示されている値段が絶対となるのもよくわかる。

よい勉強になった週末だった。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん