2019-03-23

価値

そんな言葉を昨日はじめて知った。

なるほど今の自分のことではないかと思い知らされた。

ストレスや息苦しさ、閉塞感を抱く原因はこの感情だったのだな、と。

「◯◯大出たなら××の仕事くらいしていないといけない」

「◯◯歳で年収××万くらいないと少ない」

「◯◯歳過ぎて結婚してない男は欠陥」

などなど、私にストレスや息苦しさ、閉塞感を抱かせるに十分な価値観が世の中にはたくさんある。

そしてその価値観において「価値のある」自分になろうとしてあれこれもがいているのが現在自分だ。

もちろん当人としては「努力してがんばっている」つもり。

いくら努力しても一向にその価値を手に入れることはできそうにない。

それがまたストレスや息苦しさ、閉塞感を生んで負のスパイラルに陥っている。

しかしがんばらずに学業仕事で成果を残せるだろうか?

がんばらずに狙った女を落とせるだろうか?

努力すれば必ずしも成果が現れるわけではないが、成果を上げているものすべからく努力しているのだろう?

ならばいつか成果が出ると信じて、努力し続けるしかないだろう。

もし成果が出ることなく潰れたり倒れたりしてしまったなら、私は所詮そこまでの価値しかない男だったということなんだろうな。

結局私はどう転んでも無価値なのかよ…。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん