2019-01-01

出されたご飯を残せない

親戚の家に行くのってしんどくないですか。私はしんどい。なんでかって、とてつもない量のお菓子やら果物やらご飯やらを勧められるから

「食べられません」って残せる性格ならよかったんですけど、私はどうも食べ残すことができないようで、とにかく腹に詰め込んでしまう。

からこんな性格な上に、そこそこ食べてしまえる方だから、「増田、ほら、お前は食べれるでしょ。食べな」とほいほい皿に乗せられる。いや食べれるんだけど、食べれるけど、私だって正直お腹が苦しいんです。わりと人並みの胃袋なんです。言えないけど。

兄弟が残せるやつらだから、私だけがぱくぱく食べる。兄弟が残したことがなんか申し訳なくて食べる。私が罪悪感を感じることはないことは百も承知なんだけど。これを用意してくれた親戚の方とか家族申し訳ないって気持ちがどうしてもぬけない。できる限り食べるしかない。

どうしたら断れるんだろうなあ。お腹が苦しい。地元に帰る度に7キロぐらい太ってるし、そろそろいい年齢になってきたしでこの癖をやめたいなあと思う。

  • anond:20190101224412

    とても分かる。食事もそうだし酒もそうだ。 奮発したお高いものだったり手作りだったりするしね。 美味しそうに有り難く頂くのが若いもんの仕事かなとか思ったりするよね。 ご親...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん