2018-10-12

日本人議論が向かないのは日本語問題

日本語論理的構造をしていない

句点や読点で意味が変わる

黄色自転車に乗っている人

黄色い、自転車に乗っている人

前者は黄色自転車だけど、後者黄色い人を意味する確率が多い

これを口頭で言ったら区別付かない

後ろの文脈で人について話せば、人が黄色いなのがわかるのだけれど

ワシはプログラマーなんですが、日本語で書かれた要件仕様意味が一意に確定しない事が多い

プログラムは本当に論理的なので、プログラム通りの一意の決まった動きしかしない

日本語とは違う

  • anond:20181012104826

    なぜかこういう、日本語は非論理的って思い込むやつ絶えないよな。 句読点で意味が変わらない言語なんてある?

  • anond:20181012104826

    いや、句点の問題ってのは正確ではない。 日本語のあいまいなところは、語順を無視してもオッケー、という点に尽きるんじゃないかな。 man on a yellow bike 黄色い自転車に乗っている人...

    • anond:20181012110907

      英語でも全く同じ曖昧さがある 『英語・句レベルの曖昧性についてー英語暖昧表現の諸相皿一』(tps://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20181012120049.pdf?id=ART0001124066)

  • anond:20181012104826

    黄色い自転車に乗っている人 黄色い、自転車に乗っている人 そもそも、こういう風に使うやつが悪い。 自転車に乗ってる黄色い人 黄色い自転車に乗ってる人 と普通は形容詞が掛...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん