2018-09-18

スーパー豚肉だけ持ってレジに並んでいた。後ろに並んだ知らないおっちゃんが私の肩をトントンとするので振り向いたら「同じ財布だぁ」と自分の財布と私の財布を交互に指さす。おっちゃん、これとそれは同じ財布ではない。お互いに茶色い皮の長財布という共通点はあったが、私のは片面にサーカス絵柄の入ったものだった。でもまぁおっちゃんの視角からは無地の面しか見えていないのだろうから、「おお~」とリアクションしてみた。おっちゃんは続けて「これ10年前の」とドヤ顔してきたので「味があって良い」と返事をした。これは素直な感想だった。だいぶ使い込まれていたので。

前の人がお会計を済ませ、私の番が来たのでそれ以上会話は続かなかった。この数秒のコミュニケーションが水の泡にならないように、おっちゃんの視角サーカス絵柄が見えないようなるべく財布の向きをそのままにするよう努め支払いをした。

楽天購入履歴を遡って見てみたら、私がこの財布を買ったのは2015年のことだった。まだ3年かー。おっちゃんみたいに10年使うことを目指してみようかな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん