2018-08-10

人はなぜグロいと吐くのか

むかし、初見チェチェン首切り動画で、吐かないまでも血の気が引く感じがしたのを覚えている。あれが進んでいくと、吐くのだろう。

バイオレンス要素のある作品で、殺しやグロ死体初体験キャラが吐くシーンというのがよくある。それに対するベテランキャラの「なんだお前、こういうの初めてか?」とか「俺も最初はそうだった。そのうち慣れるさ」的なフォローまでがセット。

弱肉強食世界で、人以外の動物病気食中毒以外で吐いているのはあまり想像できない。すると、やはり「自分もこうなるかもしれない」的な心の働きが吐かせるのだろうか。しかし、吐くことで人体的に何のメリットがあるのだろうか?

  • anond:20180810222036

    戸田山和久「恐怖の哲学 ホラーで人間を読む」(NHK出版新書) に、何か似たようなことが書いてあったけど、 手元にないから確かめられない

  • anond:20180810222036

    においじゃないかな。小学校で誰かがゲロするともらいゲロする奴が続くじゃん?

  • anond:20180810222036

    吐くことで人体的に何のメリットがあるのだろうか? 無いよ。なぜならば吐くのは身体機能の誤動作だから。 吐く原理はこういうこと。 グロいものを見て体調に大きな影響が出る ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん