2018-07-23

「マサカリを投げる」について考える

この言葉はよくできていると思う

 

「マサカリ」とは要はでかい斧だ

木を切るための道具で、金太郎が担いでるアレだ

武器や刑具にも使われていた戦斧に近いものである

 

まり「マサカリを投げる」は殺人行為

投斧やトマホークなど、斧は投げて武器として使うことがあるが

鉈や斧のような「危ない」と言うレベルではない、明確な殺意を持った行為

 

たまに勘違いした人が好意的に捉え

「鋭い指摘」だの「投げられたマサカリを受け止める」だの言ってるが、頭がどうかしている

相手は殺そうとしている

しかも鋭くはない、パワーでもって相手の胴体を潰そうとしている

マサカリを投げる者は相手ことなど考えていない、フォローとか成長とか事業のためとか

そのなまともな人はマサカリを投げない

 

キラーパスという言葉があるが、これは味方のみならず敵に対してもキラーパス

チームにとって価値がある

対してマサカリを投げるのは味方を潰そうとしている

いや味方だと思ってない、明確に敵だと思われてる

受け止めるな、二撃目が来るぞ

 

マサカリを投げられたらどうすればいいかって、そりゃ逃げるんだよ

相手はただのキチガイ

もちろん投げ返してもいけない、相手を潰しても誰も得しない

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん