2017-07-10

[]ある天文学者の主張

 増田アース知的生命体を捜索するにあたって、ある天文学者は以下のようなことを主張した。

「我々の例から考えて生命が知性を養うためには冬眠に迫られるほどの

気候の変化が不可欠である

我々は冬眠前の記憶を確実に持ち越すために文字が発達させたのであるから

 だから増田アース知的生命体を捜索するためには、極方向からみた惑星からでる人為的電波

公転の周期にあわせて変化するところを観測できればいい。

 さしあたりは公転面をこちらに向けている連星系を

惑星の公転面もこちらに向けていると仮定して連続的に観測してみるべきだろう」

 彼の考えには冬眠をしない知的生命への差別意識内包されていたが、

まったく自覚がなかった。

増田アース人が冬眠することについては下記で既出

https://anond.hatelabo.jp/20170204174627

記事への反応 -
  • [増田アース]増田英雄伝説

     増田アースにおける最初の知的生命は高緯度地帯に生まれた。 それが悲劇の始まりであった。  サケ(類似生物)漁により富を蓄え貧富の差が拡大した文明の中から 複数の国家があ...

    • [増田アース]ある天文学者の主張

       増田アース外知的生命体を捜索するにあたって、ある天文学者は以下のようなことを主張した。 「我々の例から考えて生命が知性を養うためには冬眠に迫られるほどの 気候の変化が不...

    • [増田アース]赤道の防人

       モレツ帝国とテイジー同盟が接触したとき、国力においてモレツ帝国は圧倒的な優位に立っていた。  その差を埋めた要素の一つは、強制的な冬眠打破によりモレツ帝国内部で社会不...

      • [増田アース]リゲイーン要塞の反乱

         攻めあぐねるモレツ帝国に対して、テイジー同盟も有効な反撃ができているわけではなかった。 建前では彼らは全知的生命に自由な冬眠をもたらすことを国是としていたが、 赤道地帯...

        • [増田アース]第一次増田アース大戦の決着

           テイジー同盟成立以来ずっと続いてきたともいえる 増田アース最初の世界大戦は思わぬ形で集結した。  地軸がこけた。  以前書いたように増田アースに大きな月はない。 その...

    • [増田アース]蛮丁のみた夢

       むかしむかし、モレツ帝国勃興前。増田アースのある国に、蛮丁と呼ばれる大王がいた。  彼には言語能力に問題があり、意味不明の一言しか発することができなかった。 この時代は...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん