2017-06-02

[]浅見ヒッポ「花落としのいつか」

花人(はなびと)と呼ばれる身体から花がはえてくる人と、花守(はなもり)という花人のお医者さんの短編

個人サイトで公開されていたたった23ページの話から一冊のマンガとして書籍化されたらしい

絵柄と雰囲気ちょっとヤマシタトモコっぽかった

あっちほどクセは強くないけど

処女作でこんだけ書けるってすごいなーと

最初百合っぽい話はよかった

それ以外の短編は話の重みが短編で扱うには重過ぎる感じがして、いまいち面白く感じられなかった

根幹の設定部分についての着眼は面白いけど、それを補強する設定とかでザルな部分がちょっと気になった

最初の話の雰囲気で続けばよかったけど、全体としてみるとエンタメ性低くて純文学的で、個人的な好みとは合わなかったなあ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん