2016-12-05

電車の中でヤバい人に出会って朝からMPが尽きた話

朝は確実に座りたい。

同様の思いの者たちが「当駅始発」のマークに並んでいた。

俺もその1人。並びさえすれは確実に座れるので、椅子取りゲーム疲弊することはない。

だが今朝は違った。いつも通り席に座ろうとすると

俺と、隣の人の間に、無理やり黒づくめのババアが入り込んで来た。

結果1人分横にずれて座る俺。狭い。

グイ!と肘で黒づくめババアが俺の脇腹を押してくる。

黒づくめババアと、反対側の人の間には拳2個分程のスペース。

何故そこを詰めずに、俺の脇腹を肘で……と戸惑っているとまた肘を脇腹にねじまれる。

たまたま当たった、なんてものではない。しかも2回目だ。

「そっち側、もう少し詰めてくれませんか」抗議も含めて声に出す。

無言だ。返事の代わりにグイ!とまた脇腹を突かれる。

あ!ヤバい人だ!とようやく気づき、急いで電車を降りた。

無駄トラブルを抱えるよりも逃げた方が良い。しかも出社前だ。

こうして彼女ラッシュの中、2人分以上スペースを確保して電車に乗っていった。

俺は気を取り直して並び直したが、朝からものすごい疲労とストレスでどうやってリカバリーした物か悩んでいる。

少し良いコーヒーでも買って出社するか……。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん