2015-09-14

父と娘と風呂

脱衣場で服を脱いでるときに偶然を装って父がきました。

ニヤニヤしながら、間違えたごめんごめん!と出ていったけど

からさまに嫌な顔をして小声で文句を言ってしまう私。

何を言っているんだアイツは、裸くらいで!大袈裟だな!

だいたい俺が子供のころはな!

と、大声で居間で話しているのが聞こえたので

風呂から大声で「やめてよ!いやなの!!!」と言い返す。

そしたら父が風呂場のドアをガバっと開けて

「親に向かって!!!嫌とはなんだ!!!!!」とブチ切れる。

湯船から出られない私の顔じゃなくて体を見ながら怒鳴り続けてる。

嫌悪感と恐怖で混乱して声が出ないけど、声を振り絞って

「出て行って!!!!!!!!!!!!!!!!!」

と叫んだ声で目が覚めた。

うちの父は着替え中に来るだけでしたが、トラウマです。

私は家で個人を尊重されていなかった。

安心して裸になれる場所がなかった。

父のニヤニヤと逆ギレと同じ気配を少しでも感じると萎縮してしまうので

今でも男性とは信頼関係を築きにくく、モラハラの標的にもされやすいです。

今は父とも挨拶くらいはしますが、心許せることはないと思います

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん