2014-09-28

単純に考えるということ

「単純に考える」ということの意味を分かってない人って多いのかねー。

「難しい問題を単純に考えたら失敗するだけだ」みたいなこと言ってる人を見かけたんだが、まったくそんなことなから

「難しい問題を単純に考える」ことができる人こそが、その問題を解決に導くんだよね。

単純に考えられないってことは結局その人の力量が不足してるってことなんだよ、ほとんどの場合

たとえば素人さんにはとても手が付けられないような複雑な事件も、実体法をしっかり勉強して要件事実も学んだ法律家であれば、かなり単純な要素に切り分けることができる。

から、(俺は読まないけど)自己啓発本とかが「単純に考るのがよい」と言ってるなら、それ自体は正しい。

ただ、「単純に考える」という行為自体は簡単な事でもなんでもなくかなりの修練が必要である、という事実隠蔽してるだけでね。

【追記】

俺が見かけた分かってなさそうな人(の一人)がやってきてて笑った。

単純に考えることと大雑把に考えることとは違うって説明してるんだけど、案の定分かってないなあ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん