2012-10-25

鉄道と距離の問題

東京から鹿児島までの距離は在来線だと1500kmで、大阪から札幌までの距離に等しい。

東京から博多でも1200km。東京から札幌と同じくらい。


これはもう運賃その他諸々の金銭的コスト以前の問題として、鉄道東京から九州は遠すぎるという話になる。


しか東京から九州までひとっ飛びで行く需要は、北海道行きに比べたら全然小さそうだし。

実際、羽田-新千歳の航空路線は航空各社にとってドル箱みたいだけど、九州方面の路線でそんな話は聞いたことがない。


そう考えると、九州ブルトレが上述の距離の問題に加え、あの高い料金としょぼいサービス21世紀まで生き永らえていたことは、ほとんど奇跡だと思ってしまう。

個人的にはサンライズのような寝台電車かつトワイライトみたいな臨時列車でもいいから復活して欲しいけど、かなり無理があるかも。

しろ北斗星カシオペアも、北海道新幹線がある程度まで開通したら廃止になる可能性すらある感じ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20121025114158

    羽田-伊丹・福岡がドル箱じゃないのは、新幹線と競合するからだよ 乗車(機)時間は航空機のほうが短いが、空港までの移動、 チェックイン等の時間も含めれば許容範囲 正規料金は新幹...

    • http://anond.hatelabo.jp/20121025124052

      であれば、羽田-新千歳もいずれは東北・北海道新幹線との競合で、ドル箱路線の地位を保てなくなる可能性もあるわけか。

  • 全国展開している企業だと、

    http://anond.hatelabo.jp/20121025114158 東京から福岡出張したら、 「ついでだから広島支社にも立ち寄るか」 「ついでだから関西支社にも立ち寄るか」となるケースも、結構ある。 (少なくとも、...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん