2011-08-20

I never promised you a rose garden.

「無力の自覚は支援者に必須」という言葉をここで貰ったことがある

今それを思うと、このエントリタイトル言葉を思い出す

デボラ世界という小説台詞、及び原作タイトル

心理的・医学的・薬物的等々のアプローチで問題は解決するだろう

けどきっと、不幸や苦しみが消えるわけではないんだろうな

何の苦痛もない世界約束できるわけではないか

にもかかわらず、倫理規定で強制の入院措置をしなければならない矛盾が痛い

自殺をするにはきっと、するだけの理由がある

それを正当化するだけのエピソードがある

しかしたら、下手な治療によって現実をみてしまうよりはずっと良いかも知れない

生きる事が良い事だなんてとってもじゃないけど言えない

「I never promised you a rose garden.」

この言葉は、治療者の免罪符や逃げなのかも知れない

クライアントセラピストも、生きる事の大変さを知ってなければならない

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん