2016-01-31

カラオケ英語英語らしく歌うコツ

色々とあるんだけど A と O に気をつけるとグッとそれっぽくなる。

A は「エ」と読む

And、Stand、Hand、Back これらは、

エンド、ステンド、ヘンド、ベック と読むと英語っぽい。ただ、少し力を込めないとだめ。エァンド、ステァンド・・・End や Stend と聞き分けられなくなるからね。

例外として、Aのあとに R、S、U が続くとアになる。

Start、As、Because これらはエじゃなくてアだ。


O 「オー」と「オウ」を使い分ける

例えば、SO は日本人だとだいたい「ソー」と発音するけど、「ソウ」発音すると英語っぽい。

同じような発音でよく英歌詞に出てくるのは

NO、Over、Old、OnlyGo このへんを

ノウ、オウヴァー、オウルド、オウンリー、ゴウ と、「オー」じゃなくて「オウ」にするとそれっぽい。

ちなみに、All も「オール」じゃなくて「オウル」と発音するといい。

Oh と表記される場合も、「オー」じゃなくて「オウー」とウーを伸ばすと英語っぽいよ。


ただし、O のあとに R が付く場合はたいてい伸ばす方の音だ。order、world、born。


On は「オン」と読まない

O は短母音場合は「ア」に近い音になる。

実は日本人でも8割ぐらいの単語はこれはできている。

colorflower、now

カラーフラワー、ナウ。これを「コロー」、「フロワー」、「ノウ」と読む人はほとんどいない。Other、Mother、なんかもそうだね。

なのに、頻出単語ON は「オン」と読んでしまう。「アン」だ。

だまされたと思って、ハッキリと「Now on sale」を「ナウアンセイル」と読んでみよう。CMで聞いたような発音になる。

補足として、TOP も「トップ」じゃなくて「タップ」と読んだほうがそれらしい。

意外とネイティブの人は From もフラムと言ってる気はする。



id:nezime ブコメの返信: エノウニマスダイアリー な?

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160131111359

記事への反応(ブックマークコメント)