2016-01-12

アニメ声アイドル声優出身の人が母親役とかやるのって無理がない?

十年前とか十数年前にアイドル声優として第一線級にいた人ってさ、

当時はメインヒロイン女子校生役とかやることが一番多かったと思うんだけど、

まあ時代が一回りくらい進んで第一線から退いたら落ち着いた配役にシフトすること多いじゃない。

例えば主人公母親、とか敵陣営四天王参謀、とか担任教師、みたいな感じの

今なら井上喜久子さんが合いそうな感じの役。

で、バリバリアニメ声アイドル声優が年重ねて第一線から退いた後に

こういう役やってると「それは流石に無理がない?」って思うことがたまにある。

演技力的には実力あっても根本的に声質が当時のメインヒロイン向けのものから

どうしてもオバサン役みたいなのは齟齬がでてしまっているというか、

勿論問題ない人は大勢いるけど、

多分そういうのが合う人は若いときからそういう役をやれる感じの演技してたよね。

顔と違って声帯なんて30半ばとかそのくらいで老化するもんじゃないし。


花澤香菜とか水瀬いのりが年齢的にもベテランって言われる年になってきたらそんな役も多くなっちゃうのかなぁ。

ロリ属性とかなしの母親役やってるざーさんとか全く想像できないわ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160112012148

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)