2015-08-10

中国人京都公衆トイレをどう汚してるか現役清掃バイトが答える

 中国人トイレマナーの悪さがたまに報道されてるけど、実際どれくらい汚れてるのかっていうのは現場の人しか知らないと思うので書いておく。

 まず紙を流さないとか、ウンコ誤爆しているとかそういうレベルじゃない。

 ウンコ誤爆したって聞くと、日本人イメージとしては「ちょっと外しちゃって汚れが床についちゃった」程度だろう。

 けど、中国人レベルが違う。

 マジでわざと外してるんじゃないかって思うくらい床にガッツリウンコを爆撃している。

 しかも、どうやったらそうなるのか、広範囲誤爆するヤツもいる。

 入口だけでなくドアまでウンコがついていた時は「中国人ウンコは空を舞うのか」と驚いたものだ。ケツを上に向けるかケツを振り回してウンコをしない限り、こういった汚れ方はしない。

 ウンコだけならまだしも、ウンコと同時に小便も床にばらまくから始末が悪い。

 床が小便臭くて、まともな日本人なら利用することは出来ないだろう。

 だが、最も最悪なのは中国人が汚したトイレを次の中国人が汚した場合だ。

 奴らは何らかのシンパシーを感じているのか、二重で汚してくる。どう考えても二人分のウンコが同じ場所誤爆されていた時は、バイオテロかと疑ったくらいだ。

 どこにウンコをすべきかなんて見れば分かるだろう。なぜ外すのか、なぜ床を汚して次の人に被害を与えようとするのか、日本人の俺には理解出来ない。

 こうした中国人によるウンコテロをどう清掃するのかというと、最近では対中国人ウンコ用の装備を会社が整えてくれているので、安心してウンコを清掃することが出来る。重装備をしないと対処出来ないほど、チャイナウンコテロは進行している。

 国は東京オリンピックに備えて、こういった中国人ウンコテロ対策を考えるべきだと思いました。

 ドアにウンコついてたら大腸菌うつって中毒なっちゃうから気をつけてね

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20150810183312

記事への反応(ブックマークコメント)