2015-07-30

とあるホテルクレームが減った理由

私が客室清掃業務の現場責任者であるところのホテルで、その客室清掃業務でクレームが以前より減る傾向にある。

当然毎日クレームを減らそうとみんな頑張っているけども、その大きな理由外国人観光客が増えたかである

そう、クレームをつける大半は日本人なのだ

外国人も多く滞在するホテル仕事をしていると、外国人日本人の間には大きな違いがあると感じざるを得ない。

部屋を綺麗に使うのは日本人であり、掃除に手間がかかるのは外国人の方である

しかしその反面、とにかく日本人は細くていちいちうるさい。大したこともないのに本気で激怒する客もいる。

額縁の上を指でなぞると埃が指に付いた、このホテルは清掃員にきちっと教育してるのか!→たったそれだけの理由で一時間フロント対応者に怒鳴りつけた。

さすがにフロントの方もおかしな客だということでこちらにお叱りをすることはなかったが、そんな変なのは100%日本人しかいない。

外国人が全く文句を言わないということではないが、明らかに外国人観光客が増えてクレームは減っておりそこには疑いようのない相関がある。

 

おもてなし」という言葉が私は大っ嫌いである。

この言葉の裏に秘められた意味は、一生懸命もてなしますので高評価にしてくださいね、っていう見え透いた下心が見え見えだからである

そういう日本人的な下衆な考え方が日本人高飛車にしたのではないかと思う。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20150730140030

記事への反応(ブックマークコメント)