2019-05-26

anond:20190526161521

重傷患者は応急手当を受けると、すぐにトラックに乗せられ、アメリカ軍病院施設に送られた。まだ身動きのとれる負傷者はしばらく現場に残された。日本語将校のジェーファソンは残っていた住民、に尋ねた。「日本兵はまだ壕にいるのですか」「いる、いる、沢山残っている」と住民は叫んだ。みんな知らなかったのだ。大塚軍曹一隊住民に紛れて、投降していたのだ。

 ジェーファソンは言った。「日本兵を殺しますか、生かしますか」「クルセー、クルセー」(殺せ、殺せ)。壕の中であれほどイジメられていた住民の怒りが爆発したのだ。ジェーファソンは爆破班に告げた。「住民はこの壕を爆破して日本兵を殺せ、と言っている」。爆破班は強力な爆薬を壕のあちこちに設置して、スイッチを押した。ドカーン。轟然と爆音は響き、黒煙が空高く舞い上がった。

 トラックに乗っていた住民の多くがその黒煙がモクモク上がるのを目撃した。皆「ヤッター」と思った。あの日本兵に対する恨みは黒煙と共に空高く上がった。黒煙はやがて消えていったが、住民の恨みは心の底に残った。

石原 昌家著「沖縄の旅、アプチラガマと轟の壕」(集英社刊)

記事への反応 -
  • 国民を守らない国家に従う意味は?ってアホか

    国民は国家を維持するために存在するんだよ 分かったらとっとと働け愚民ども

    • anond:20190526161521

      重傷患者は応急手当を受けると、すぐにトラックに乗せられ、アメリカ軍の病院施設に送られた。まだ身動きのとれる負傷者はしばらく現場に残された。日本語将校のジェーファソンは...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん