2016-07-08

若者投票率住民票問題について

タイトルでもう書きたいことはほぼ書き終えている。

18歳から20歳成人式を迎えていない若者投票問題について。

地元に進学または就職した若者はいいが、県外に進学した若者住民票を移している割合は少ない。

皆さんも御存知の通り、成人式に出席する会場は住民票によって分けられる。行きたきゃ知り合いの多い方へ行ってかまわない、又は行かなくてもいいが。

18歳から20歳の間に住民票を移すことは、若者にとって成人式を考えている者にとってしたくないこと。成人式がなんだ、というのは置いておく。

まり、県外に進学した若者投票することに対する障壁がある。障壁であって、県外で住民票を移していない者が投票を行うことができる制度はある。

しかし、障壁は超えられる壁であるけれど、投票率の低下への影響には十分な壁に思われる。


18歳から20歳成人式意識した投票率の低下への影響についてはてブのみなさんの意見が聞きたい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん