2016-06-22

ねころがれ日本

かつて「たちあがれ日本」に対抗して、「労働基準法改正してシエスタ義務化」などを公約に掲げた「ねころがれ日本」を結党しようと志したことがある。

残念ながら、「ねころがれ日本」の理念共鳴する人々は「働きたくない」という双葉杏みたいな勤労意欲の持ち主ばかりで、みんな寝転がっていたせいで結党すらできずに終わってしまった。

働きたくない人々の意見が反映されない民主主義など滅びてしまえ、日本死ね

そんな怨念を抱いて社畜だらけの日本社会へのテロを考えていたが、もちろん同志たちは誰も働きたくないので何も実現できない。私も彼らに何かを強要するのが面倒なので寝ていたい。

こんなことでは何も変わらない。

結党すらままならない「ねこ日」はどうすれば社会にその存在を刻み込めるだろうか。私はこれから寝るので、誰か考えてほしい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん