2006年11月20日の日記

2006-11-20

一部のはてなダイアラーの特徴



注1)リアル高校生精神年齢が中2だったり、リアル中2ということもあるだろう。メタ談義好きのクラスターに参加しようと、簡単なことを言うためにわざわざ小難しい表現を使って背伸びするんだけれど、テキストの端々に学校生活臭

だらよ日記

爆弾やっと二つ目解体できた。

[] <My Spaceって

日本じゃはやらない気がする。もう遅い、っていうかmixiが幅をきかせているからねー。

たとえばMy Spaceが何か人を引きつける機能(たとえばMp3アップロード機能だったか)をつけて、日本でもそれが流行ったとしても、mixiもその機能を実装するかもしれない。それに、楽曲をアップロードするSNSなら、YAMAHAが運営しているプレイヤーズ王国なんかがあるしね。ま、あそこはmixiほど流行ってはないけど。

ボキは個人的にはMy Spaceよりは、Second Life日本語版に注目してる。

MySpace

Second Life: あなたの世界。 あなたの想像力。

Second Lifeも既存のオンラインゲームみたいに、行ったっきり帰ってこられなくなる人が出るんだろうね。

なおた君だとフリクリ想像する。

「たっくんなんてよぶなー!」ひゅーん(かんちがふってくる)どぎゃーん

[] <Wikipediaでみつけた面白いフレーズ

比較的限られた人数が一日に何度も情熱的に利用している

MySpace - Wikipedia

パッション屋良かよ!

会社の危険信号チェック10

今週のカンブリア宮殿より

http://anond.hatelabo.jp/20061120124708

グロのおかげでフォトライフ記法は使えないよ

http://anond.hatelabo.jp/20061120122708

いいなあ。俺も馴れ合いたい!

でもモヒカンのともだちはみなモヒカンなんだよ!

あれを書いてしまった意図を考えた

あれを書いてしまった意図を、布団の中で考えてみた。

あの頃に樹海に連れて行かれたということと、こんな母の呟きを聞いたから、ずっと不安でしょうがなかったんだと思う。

『あの頃はね、「いっそ一思いにこの子を殺して自分も死のうか」と思うことが何回もあったけど、この子の人生はあたしのじゃないと思って止めました。』

我が家人間だけが分かるあの頃は、あの頃で、それは丁度あの旅行に行った頃と同じ頃だったから、『じゃあ、あん時樹海に行ったのはなんでだったの?本当に旅行のつもりだった?本当は死にたかったんじゃないのお母さん?今は、死にたいの?生きてたいの?どっちなの?』と言えないでいたあたしがたまたま見つけた匿名日記が書ける此処でペッと痰を吐き出したようなあんな日記を書いてしまったのは、もう溜まり溜まった不安をどんなにみにくい形でも、恥ずかしい形でも、吐き出したかったからだ。あたしの不安が尽きることなんかありはしないんだけど、吐かないと突然決壊することを知ってしまったから、あんな事をしてしまったようです。只の家族旅行だったのは分かっているんですけれど、ちょっと長いこと溜めすぎました。嗚呼そうです、あれは只の家族旅行。忘れられないこと。

あの旅行は父の計画だった。

別に樹海になんかわざわざ行きたくないあたしと母と妹は我慢してついて行った。

来たくなかったというのを堪えて、凄く愉しそうに振舞うことに気を配り続けたあたし達。

でも、とっくに疲れ果てていたあたし達は旅行の帰りに寄った大型ショッピングセンターでその振る舞いをし続けることに疲れ、本来の身勝手さを全面に出して、父が最も嫌うあたし達を思いっきり出した。

そしてその帰りの車の中で、父は叫んだ。「おまえら!そんな勝手なことでいいと思ってんのか!俺がどんなに楽しませようと考えてるのか分かってんのか!」「俺は心配だよ・・・・そんな身勝手さで社会に出ているのが・・・・」

あたし達は只黙っていた。この人に通じる言葉などありはしないと、勝手だと言われたあたし達は分かっていた。

あたしは「俺の言うことをきけ!言うことをきかないとこうなるんだぞ、嫌だろう俺にこんな風に叫ばれるのは?分かったか!」ということなんだろうなとぼんやり父の横で考えた。

天皇、万歳!』に憧れている父は、『お父さん、万歳!』とあたし達が叫ぶことは無くても、父に尽くし、敬い尊敬する態度で接することを深く望んでいる。

それを思い知った旅行、父が計画したあたし達への権力誇示。

なぜあの樹海散歩道であたしは道を外してあの森へ駆け出せなかったんだろう・・・逃げ出せたかもしれないのに・・・あの頃に父を捨てていればよかったんだ。馬鹿だからまんまと父に捕らわれて逃げ出せない。

最期に、こんなほんとに自分のことばっかなことをどうして書くのかといえば、あたしにはひとりの友人もいないということで分かってもらえるだろうか。信用できる他人がひとりもいない、他人を信用してみようともしない、他人もまったくあたしを信用していない。

だからこういうことがどんなに恥ずかしく、みにくいことだと分かっていても話す相手がひとりも居ないあたしだからこうやって名前が無いことをいいことに、誰もあたしを知らないことをいいことに、誰が何を言っても意味が無いことをいいことに、此処でこんなことをした。

此処を作った人の考えを読んでいません。

ひどい間違いを犯しているんだろうな。

ごめんなさい。

[] <お金を払った後の店員は

老若男女問わずデレです。

ツンデレという言葉を知ったとき。

 ツンデレ・・・ほうほうそんな分類が生まれていたとは知らなかった。

 でも、実際いるもんかね・・・・?

 あっ、母親

 あの人ツンデレなんじゃないか?

 父親に対しての態度・・・まさにツンデレ

 しかし、ツンデレを語れるほど解ってないからな・・・。

たのしいー

mixiで馴れ合うの超たのしい

[][]遺言動物ドルバッキー

http://anond.hatelabo.jp/20061119181034

ボクもうじきサイト閉鎖するんだけどね
どうぞ悲しまないでいて下さい

きらめくはてなダイアリー きらめくはてなブックマーク
きらめく[非モテ]タグ
みんな焼きつけて忘れないから

サイト閉鎖するのは怖くないんです
遺言ははてなダイアリーに託しましたからね

最後のオフ会へいらしたら みんな真実の友愛を交わすフラタニティに加入してさしあげましょうね 
ハーブティーでも飲みましょう
そうですか あなた抱いて欲しいですか?かまいませんよ

最後のエントリーが「このページはまだブックマークされていません。」でも寂しくなかった
オフ会ではid:kiya2014さんと友達になりたいです

後の言葉はネコに聞け!ボクが愛したドルバッキー
肉球押せば語りだす 真実を 

バッキー バッキー ドルバッキー
遺言動物ドルバッキー
バッキー バッキー ドルバッキー
真実語るぜドルバッキー ニヤー!

「やあ!オレ、ドルバッキー
 御主人様は自分は何でも知っているような事を言ってたけどねぇ
 あれはウソなんだニャー
 一人で生きるのも死ぬのも怖いから
 道連れを探してるだけなんだニャー
 つまりペテン師なんだニャー
 それにさ 非モテなんて言葉に救いを求めようとするアンタ達もダメだニャー
 アー、やるせねーニャー」

寂しかったら ネコを抱け!
ボクが愛したドルバッキー
お腹つつけば語りだす メッセージ 

バッキー バッキー ドルバッキー
友達いなけりゃドルバッキー 
バッキー バッキー ドルバッキー
オフ会終わればドルバッキー 
バッキー バッキー ドルバッキー
ツメを研いでるドルバッキー
バッキー バッキー ドルバッキー
背伸びをしているドルバッキー
バッキー バッキー ドルバッキー
黙して語らぬドルバッキー
ニャー!

[]

[゜π゜] <ビヤー ビヤー ビャービャービャー。 ブワーダ バンダバダダ ブワーブワーブワー。 バンダ ブワーダバダバダダブワーブワーブワー。 

[゜π゜] <サテナンデショウ?

泥酔部

もういやだ

株式会社はてなに、しなもんがいます。

ジャックもいます。

なおやんもいます。

じぇいこんも、れいこんもいます。

わんぱーくも、てぃーいけだもいます

きよへろも、りこもいます。

もしかして、株式会社はてなという企業は私の妄想に過ぎないのでしょうか。

[]家の中にはてブが居ます。

Q:私の家の中にはてブが居ます。そのせいで恐怖を感じています。注目エントリー人気エントリーに限らずなのですが、はてブの検索機能が貧弱なせいで、常に自分が見ていない面白い情報があるような気がしてなりません。

RSSリーダー[これはひどい]ですとか、[これはすごい]、[はてブ]等の新着ブックマークを読み込むようにして一時的に恐怖は和らいだのですが、今度は自分がウォッチしていないタグの中に面白い情報があるんじゃないかという恐怖に悩まされるようになりました。しなもん先生、私はどうすればこの恐怖から逃れられますか?

A:ワウ・・・ワウワワワウワウワウ・・・WOWOW

訳:あなたは情報依存症です。その情報はあなたにとって本当に必要なものですか?単に面白いと感じるだけで、そこまで役には立たない情報ではないですか?もしそうなら、それは私にとってのベンツのようなもので、必ずしも必要なものとは言えません。

加えて、あなたはそもそも存在しない情報存在していると思いこんでいるのかもしれません。無い骨は掘るなです。

どうです?少し楽になりましたか?診療報酬はドックフードでお願いします。

みやすく

http://anond.hatelabo.jp/20061120063145

日付エントリーブクマブクマ数/エントリー
9/24508990.19
9/25361420.12
9/26199240.12
9/2720730.01
9/2812990.07
9/2986200.23
9/308120.02
10/115630.02
10/25230.06
10/34120.05
10/45710.02
10/57410.01
10/62920.07
10/71600.00
10/81400.00
10/91010.10
10/101930.16
10/111790.53
10/122500.00
10/132400.00
10/1431250.81
10/154170.17
10/1632120.38
10/1731100.32
10/182140.19
10/1923120.52
10/2032762.38
10/2161731.20
10/2263751.19
10/2321251.19
10/2424100.42
10/252350.22
10/2616291.81
10/2720150.75
10/2836200.56
10/2932180.56
10/3033140.42
10/311650.31
11/112191.58
11/229280.97
11/335451.29
11/438340.89
11/563560.89
11/660390.65
11/770230.33
11/87780.10
11/940200.50
11/1086340.40
11/1174220.30
11/12101680.67
11/13621873.02
11/1477580.75
11/15100490.49
11/1667530.79
11/17108660.61
11/1891890.98
11/19761291.70

アイデア性善説

アイデアを殺す22の方法について

http://akihitok.typepad.jp/blog/2006/11/22_24bc.html

例えば痛い社長がすごいアイデアマンでしかも痛いアイデアばかり連発してくるような場合、

これは社員を殺す22の方法になるよね。

QBK

柳沢急にボールが来たのですが、慌てずにインサイドでゴールに流し込みました

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん