2016-02-19

うさぎに対して性欲を感じなくなった。

小学3年くらいのときに「クレヨン王国の花ウサギ」という児童書を妹と読まされ、そこに出てくるうさぎに生まれて初めての性的な興奮を覚えた。

それから図書室でうさぎ主人公の本を探し、ピーターラビットや「しろいうさぎとくろいうさぎ」という絵本うさぎの絵にたまらなく興奮した。

ちょっと成長するとイラストではなく本物のうさぎに興奮するようになった。うさぎ写真自慰する毎日だった。

飼うことは親に許されなかったので近くの児童公園飼育していたうさぎ毎日のように見ては目に焼き付けて家に帰り興奮しながらヌいた。

頭の中がうさぎでいっぱいでうさぎのことばかり考えて勉強に身は入らないし友だちもあまりできなかった。うさぎが好きなことを誰にも言えなかった。

それからずっとうさぎが好きで大学生でひとり暮しをはじめてから念願のうさぎを飼った。もちろん変なことはしない。大事ペットとして愛している。

ただ中学生の頃とは違い性欲は収まってきたとはい性的な喜びをうさぎと分かち合えないことには虚しさを感じていた。

そんなときに友だちにジビエ料理の店に誘われて、少し逡巡しながらうさぎ肉を食べることにした。不思議なことでうさぎに対する性欲がなくなった!虚しさから解放された。

今はペットうさぎを愛でるのと平行して、取り寄せたうさぎ肉を調理して食べるのが趣味だ。

長いこと取りつかれてた憑き物が落ちたようでやっとまともに生きていけそう。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160219141718
  • http://anond.hatelabo.jp/20160219141718

    駄目駄目、まだ詰めが甘いよ。 最後に「今の彼女には時々バニーガールのコスプレをしてもらっている」とか下世話な方向に落とさないと、センテンススプリング大好きなゲスの極みな...

  • http://anond.hatelabo.jp/20160219141718

    こういうテキストを見て熟読しないようになってしまった 「あーはいはいマジキチマジキチよかったですね」みたいな

記事への反応(ブックマークコメント)