2016-02-18

声による議論は止めるべき

なんかまた国会議員発言炎上している。あれって、自分の言いたいことが整理できてないから差別発言なってしまうような言葉の選び方をうっかりしてしまった、ということだと思う。

基本的に、リアルタイム思考しながら文を組み立てて喋るのってすごく難しい。俺なんか、話している最中に頭うわーってなるし、自分で何を言ってるか分からなくなる。

そんな状態で言った言葉公的ものとして扱われるとか、問題が起こらないわけがない。

もう国会とか記者会見とか、公的ものとして扱われる言葉は、全部文書にしよう。

人が喋ることによる臨場感なんていらないでしょ。演劇じゃないんだから

それよりは、冷静なときにじっくり時間をかけて頭の整理ができて、複数人によるチェックもできる文書の方がずっといい。

まずい表現は事前に修正できるし、整理された理解やすい文にできる。

せめて原稿棒読みが当然として認められる文化くらいは欲しい。

かっこいいプレゼンなんてTEDだけで十分だ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160218121817

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)