2014-10-02

私がビン入り飲料疑問視する3つの理由

1 異物混入リスク

 ビンを洗浄して再利用をする際、不心得な客がタバコの吸い殻やアメの包み紙を入れている場合がある。また、回収済みビン置き場に置いてあるうちに昆虫が入っていることもある。もちろんそれらは目視確認して発見したら取り除かれるし、洗瓶機で洗浄する際に全て取り除かれるとは思うが、万が一と言うことがある。

2、薬品混入リスク

 洗瓶機では、水酸化ナトリウムで中の汚れを溶解し、あとで塩酸によってアルカリ中和する方法をとっている。また、生産ライン塩素水と高温蒸気によって消毒されている。ここでも薬品の混入リスクがある。むろん、抜き取り検査によってPH確認しているので、99.999パーセント安全だと思う。しかし、紙パックやペットボトル比較して薬品混入リスクは高いと思う。

3、ガラス片混入リスク

 ビン返却の際にガラス口元が割れていることがある。また、洗浄過程・製造過程・運搬過程でビンが破損する場合がある。

 以上、工場現場では全て目視薬品については抜き取り検査しているので、繰り返すが安全性は高いと思う。しかあくま目視しかできないので、万が一の可能性は否定できない。

 個人的には、再利用可能なビン入り飲料食品を製造するということ自体に無理があるのではないかと思う。また、薬品を使っている以上、紙パックやペットボトルと比べて本当に環境への負荷が低いのか、そこも疑問に思っている。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20141002235125
  • http://anond.hatelabo.jp/20141002235125

    なんでそんなに目視にこだわってんだよ

  • http://anond.hatelabo.jp/20141002235125

    ペットボトルや紙パック・缶飲料が実用化される前は液体のパッケージ手段はビンが主流だっただけの話 現代ではビンを洗浄再利用する経済的メリットってほとんどないんじゃないか

  • http://anond.hatelabo.jp/20141002235125

    管理不備で異物が入るのは、ビンだけのリスクとは思えない。紙パックも薬剤が解け出すかも知れないし、注射器等で異物されるリスクが紙パックの方が高い。

  • http://anond.hatelabo.jp/20141002235125

    どっかの国では、ペットボトルすら再利用する(だから、厚みが全然違う)、ガムが残ってても「まぁええやろ消毒してるし」で済む、とか聞いたなぁ…。

  • 私がPETボトルや紙バック入り飲料を疑問視する3つの理由

    1 異物混入リスク  ペットボトルの材料となる原油を採掘する際、不心得な作業員が砂やアメの包み紙を入れている場合がある。また、油槽に保管しているうちに昆虫が入っているこ...

記事への反応(ブックマークコメント)