2019-06-30

小説が苦手

田中芳樹のある小説ちょっと興味があって買ってみたけど、1ページ目からすっごいつまずいた。

漢字字面を見るに何となく意味は解るんだけど、初めて見るような漢字の使い方をしてる言葉がいっぱいあったり、言い方が回りくどかったりして、情景の描写が追いつかない。日本語なのに、若干かじった外国語をどうにかして読んでる感覚。この文章、みんな普通に日本語としてスラスラ読めてるの? 日本に生まれ育って30年経つけど、もしかして私ってニポンゴ不自由な民なの? みたいな感覚

  • 残念ながらガイジです

  • 拙者もラノベなろうすら読めないので漫画化されたのだけ読んでるでござる

    • うむ、漫画化されたのだけ読むというスタイルは時間効率的な意味では最強でござるよ。

    • マンガいいよねぇ・・・コミカライズもされてる作品だったのだけど敢えて小説にいこうと思ったのが無謀だった。

  • 田中芳樹はもう枯れちゃったひとだからな 田中芳樹は銀英伝とごく初期の創竜伝・中断前のアルスラーン戦記ぐらいだな あとは政治的メッセージが臭過ぎたりする

  • あの辺の世代のラノベっぽい小説は無理に格調高くしようとしている感じの作家が多く、そういう感覚にはよくなる 最近kindleで100円だったからダンまちというラノベを読んだけど ネット...

  • 本をまともに読んでこなかったからだな 色々な作家の文章に10歳までに触れておかないと脳が対応できなくなる

  • もしかして私ってニポンゴ不自由な民なの? うん、不自由だと思うよ。文字は読めてるんだろうけど。 経験値が足りてないので、基礎訓練頑張ってねって感じ。

  • SFの皮をかぶせてるけど戦記物やで 歴史学者をやりたかったのに左傾とかいろいろひどくて採用がなく 挫折して小説家やってる状態 だから最初のほうの作品こそルサンチマンがわり...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん