2019-04-10

芽が出ても、結実する前にすぐ摘んでしまう。

無論、土壌が揃っていないのが悪い。

風通しの悪い環境ではどんな選りすぐりの優れた遺伝子も、萎びて腐ってしまう。

瑞々しい若葉が生え揃う季節、同じような存在と追い越し追い越されしながら大きく成育していく筈だった。

私は水は欠かさなかった。だから自然と伸び行くものだと思ったんだ。

恐らく、熱帯の乾燥した気候に適していれば問題はなかったろうが。

人は植物でないから、独立独歩縦横無尽に歩き回り最適な場所を探す事に躍起になっている。絡みついた蔦のような関係性を捨て去り、鳥に憧れながら地上を這うように歩く。星を指差しながら、遥かなる宇宙歴史を案内に、か細い月明かりを道標にまだ陽の登りきらない夜闇の中すら歩き続けた。

空に手を伸ばすには、まだ遠い。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん