2008年05月31日の日記

2008-05-31

http://anond.hatelabo.jp/20080531220950

ゲーム開発者もう一人参上しました。

ゲームヲタク感情的レスを始める前に、まずは客観的視点から。

そもそも「サブカルチャー」ってカテゴライズ自体、ある一つの価値観に過ぎず、

普遍的な価値判断基準にはできない。

実際にフランスでは「サブカルチャー」とは呼ばれてないわけで。

そもそも、社会や文化を階層構造で捉える視点自体、特定の価値観に基づいた偏った物の見かたなわけで。

最近社会学かじってる人ならまず「サブカルチャー」なんて言葉自体使おうとしないかもしれない。

残念ながらその叔父さんはちょっと無知だね??。

で、日本においてゲーム開発者の地位が低いのは事実

ゲーム開発者に限らず物づくりの関わってる人間は全般的に地位が低い。

「権利を主張せず、団結することも知らない、寡黙で孤独職人の国」

だからな、日本は。

(例えばヨーロッパなんかでは歴史的に職人ギルド社会的影響力持ってるわけで。それこそ有名なフリーメイソンとかね。)

ゲームファンも、ゲーム開発者もそれに対して怒ったりするんじゃなくて、

そういう物の見方をする人がいるって事実を受け入れた上で、

それでも日本にいたいなら、人一倍品格とか社交性とかに気を使って、

そういう「ハイソ(笑)」な人達に気に入られた方が得だし、

どうしてもそれが気に喰わないなら日本を出て行った方が幸せだと思う。

ちなみに自分は洋ゲー大好き人間なので、向こうへの渡航を考え中。

http://anond.hatelabo.jp/20080531200003

そういや、3年くらいに前にヤフー無料の方のやつで

同じ年くらいの女の子2人くらいにあったことあるけど。

両方とも微妙だったなぁ。

1人は写真と違いすぎるぽっちゃり系で

もう1人は、修士2年で秋なのに就職決まってなくてアルバイトみたいな人だった。

やっぱり、リアルが一番だと思った。

ぐっちーを知らない俺が書く!

http://anond.hatelabo.jp/20080531222207

スーツ世界スーツ理論で動く。

スーツ中の人などいないのだ!!!

友達が意識不明なとき

できることはなんだろう。

自分は友達です。

病院は完全介護で、付き添いとかは身内で手が足りているそうです。

パジャマとかは足りてるらしい。

http://anond.hatelabo.jp/20080521222802

>金と時間の浪費

これは価値観でしょうね。

あなたが、男(ここではあなたがある程度満足できるレベルの男)と遊ぶことが

あなたにとって価値の低いものでしたら、それはもう価値観の違いというしかないですし、

それが本心であれば、浪費以外の何物でもないです。

>妊娠性病・ヤり逃げ・デートDVデートレイプ

リスクに会う確率が低すぎると思いますけど。

妊娠性病は、避妊確率が大幅に低くなります。

交通事故にあうから、外出しないと同レベルな気がする。これは感覚的。

>たいていろくな結果になってないじゃん。

主観的です。2005年離婚率は約37%だそうです。

ということは、残りの63%は離婚していない。

まあ、幸せとは限らないですから、その半分は不和だとしても、31.5%は幸せかもしれないです。

>付き合うまで優しくしておいて付き合い始めたら酷くなるってパターンが多い中、「見極める」なんて可能なのか。本当に。

まあ、2,3ヶ月付き合ってみたら大体分かります。経験をつめば。

経験をつむことから逃げていたら、経験者よりも見極めることは難しいでしょうね。

>普通に考えたら女側に恋愛するメリットってなんら無い気がするんだけどなぁ。

あなたと周りの価値観が違うからだと思います。

好きな人と一緒に入れることで充実感を得られる人もいます。

>男どもが「安くセックスできる」って喜んで調子に乗るだけじゃん?

偏見ですね。そうじゃない人もいますし、そうである人もいます。ひとくくりにしないで下さい。。

あなたにとって大切なものが、誰かにとっては大切じゃなかったり、

誰かにとって大切なものが、あなたにとっては大切じゃなかったり、なんてことはよくある話です。

価値観が違うのならば、時間お金を割く価値がその人にとっては十分あるわけです。

彼女達はもしかしたら「恋愛」なんていう物語の中に自分を落とし込まないと最早生きていく楽しみがないのかもしれない」

なことは、大体の人が考えていなくて、好きな人と一緒にすごすことで満足感が得られるから、恋愛をしているだけだと思います。

(もちろん、あなたのようなことを考えて、恋愛に逃避している人もいるかもしれません、感覚的にはごくごくわずかだと思いますが)

あなたと周りが同じ価値観を持っていると思わないほうがいいですよ。

http://anond.hatelabo.jp/20080531202628

id:komachimaniaさんから回答ありましたね。

ちなみに「発狂小町」という名前は、そんなに読んでると発狂しない?て言われたからです。

あと、なんとなく向井秀徳リスペクト

説明 - 発狂小町

http://anond.hatelabo.jp/20080531231305

ケータイ音楽ダウンロード配信で

ネット年齢が低下して

学校の裏サイトが問題になっている現在

アルファブロガーも対象を低めに書くようになった、

あるいは学生アルファブロガーを選ぶようになった、

どっちだろ。

喫煙者の「マナー守ってる」が見苦しい

そのマナーってのは「『あまり』周りを不快にさせない心配り」だろ?

非喫煙者喫煙によって周囲を不快にすることは皆無。煙草不快感について、完璧マナー遵守喫煙者非喫煙者に劣る。だのにマナーを守ってる良い人=プラスで評価してもらおうと思っているとしたら勘違いも甚だしい。「ちょっとしか悪くないので見逃してください」と、全く落度のない人々に押し付ける。宥恕すべき点は毫も無い。

吸ってる時だけマナー完璧に守ったとしても、その体臭は拭えない。一週間風呂に入ってない人間も酒臭い人間薬品の匂いを付けっ放しの人間香水をつけすぎた人間も、市街を歩けば直ちにマナー違反だ。飲食店に入るなど烏滸がましい。

風呂に入らないのも自由だ。飲酒も他人に迷惑かけなければ自由だ。化学実験ももちろん自由だ。香水も楽しめば良い。だがその臭いをまき散らすとなれば話は別だ。その臭いは飯をまずくする。迷惑だ。お前が風呂に入らない事で俺は迷惑している。お前の酒臭さで俺は迷惑している。お前が白衣を着たまま食堂に来る事で俺は迷惑している。お前の異臭で俺は迷惑している。

風呂に入れ。酒を抜け。白衣を脱げ。手を洗え。引き蘢れ。カップ麺でも啜ってろ。

煙草が汚臭を伴う限り、マナーを守った喫煙など無い。

http://anond.hatelabo.jp/20080531221209

あ、いやいや。おれが観てたのは、鋼の錬金術師です。アニメ漫画とではストーリーが違うらしいので、漫画のほうも読んでみようかなと思ってるよ。

いたずらなKissは読んだことがないけど、連載中に作者が亡くなってるんだね。面白いのか。読んでみようかな…

自分が読んでた漫画で連載中に作者が死んでしまったのは、ドラえもんくらいかなあ。ドラえもんは一話ずつ読み切れる作品だから、作者が亡くなってもあの世界は永遠で、登場人物たちに会いに行こうと思ったら、いつでも会いに行けると今でも思える。でも、きちんとストーリーがある漫画だと、ストーリーの途中で作者が死んでしまったら、きっと辛いものがあるよね。突然、音信不通になって安否も分からず、そのまま二度と会えなくなる感覚だろうと思う。人気の出なかった連載の打ち切りみたいに、せめて切りよくお別れの言葉の一つも言ってさよならできたら良いけど、作者死亡により連載終了だと、それもない。切ない。

http://anond.hatelabo.jp/20080531211921

蕁麻疹のようですが病院で診てもらうまでは素人判断は禁物よー。

息が苦しい、下痢、腹痛などの症状がでたらアナフィラキシーかもしれません。遠慮せずに病院に駆け込んでください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF

そうでなければ、刺激物(コーヒー香辛料、酒、煙草)、動物タンパク質を絶って消化の良い物(白いもの:かゆ、とうふ、うどんなど、と考えると分かり易い)摂って休養して様子みる。冷やしてかゆみがましになる場合もあるけど、冷たさが逆に刺激になることもある(寒冷蕁麻疹)から酷くなったなら止めた方がよさげね。

アレルギーは体調が悪いときだけ症状がでることもあるからすぐ原因が特定できないかもしれんけど、まずは週末乗り切れますように。食物が原因の蕁麻疹なら、そんなに長くは続かないと思うけど、病院には行ってね。

http://anond.hatelabo.jp/20080531224059

いえるうちが花だよなあ

どうしよう

友達が死にそうだ

死ねばいいのに

とか言ったら波風立つんだろうなぁ…

アルファブロガーって今や学生向けだよね。

地に足がついてない感じで

社会人向けじゃなくなってなくない?

もっと勉強してよ。お兄さん。

http://anond.hatelabo.jp/20080531213256

逆に「勉強」を狭い意味にとり過ぎなのでは。教養的な意味での勉強

誰も与えてくれなくてむしろやるなと言われても課題を探し続ける

これ該当しますしね。

「成功」するためには

就職活動における経験から言って、

「成功」を支えるのは「自信」だ。

これは、間違いない。

しかし厄介なことに、

その「自信」という不確かなモノを裏付けるのが「成功」なんだよな。

これも多分、間違いない。

「成功」→「自信」→「成功」→「自信」・・・以下永久ループ

最初から自信に満ち溢れた人間はおそらくいないのであって、

いるとすれば、その彼は身の程知らずのただの阿保である。

多分、全てが不確かで、自信が持てないのが、普通だ。

生れ落ちた瞬間は皆が童貞なのだ。

とにかくそうであっても、行動してみる。

もちろん失敗するかもしれない。

何度もなんども失敗するかもしれない。

でも、試行錯誤を続けていくうちに、どこかでちょっとした「成功」を経験すると思う。

「あ、これがアリなのか」と気付く。このやりかたでよかったんですかと。

自分の行動が正しかったと思う。

少なくとも、一つの正解であると、思い込む。

そうやって少しづつ自分への確信を深めていく。

これが「自信」ってヤツの正体じゃないかなぁ、とぼんやりと思います。

つまりまぁ、何事も行動あるのみ、当たって砕けろみたいなありがちな解に行き着いてしまうんだけども。


───さっき女子からデートおkの返事を貰った魔法使い候補生のメモ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん