2007年01月15日の日記

2007-01-15

思い上がりかぁ

http://anond.hatelabo.jp/20070115210305

そういわれてみるとそうかもね。どんだけってほどでもないと思うけど。

自分はそういう関係の相手が何人かいるから普通の事だったのですよ。

しかし、恋愛なんて好きになった方が弱者だし、そっち側で考え過ぎなのかもとも思った。

なんか今日増田エントリー多くね?

毎日チェックしてるのに、いつもより時間がかかった気がする

アニメを見ながらふと思ったこと

人生

オタクをやるには

短すぎる

太宰治「カチカチ山」

男女関係の痛い話を書かせたら、太宰先生は神レベルだと思う。

カチカチ山の物語に於ける兎は少女、さうしてあの惨めな敗北を喫する狸は、その兎の少女を恋してゐる醜男。これはもう疑ひを容れぬ儼然たる事実のやうに私には思はれる。

(中略)

この兎は男ぢやないんだ。それは、たしかだ。この兎は十六歳の処女だ。いまだ何も、色気は無いが、しかし、美人だ。さうして、人間のうちで最も残酷なのは、えてして、このたちの女性である。(中略)気にいらぬ者には平気で残酷な事をする。自分の水浴してゐるところを覗き見した男に、颯つと水をぶつかけて鹿にしてしまつた事さへある。水浴の姿をちらと見ただけでも、そんなに怒るのである。手なんか握られたら、どんなにひどい仕返しをするかわからない。こんな女に惚れたら、男は惨憺たる大恥辱を受けるにきまつてゐる。けれども、男は、それも愚鈍の男ほど、こんな危険な女性に惚れ込み易いものである。さうして、その結果は、たいていきまつてゐるのである。

(中略)

 曰く、惚れたが悪いか。

 古来、世界中文芸の哀話の主題は、一にここにかかつてゐると言つても過言ではあるまい。女性にはすべて、この無慈悲な兎が一匹住んでゐるし、男性には、あの善良な狸がいつも溺れかかつてあがいてゐる。作者の、それこそ三十何年来の、頗る不振の経歴に徴して見ても、それは明々白々であつた。おそらくは、また、君に於いても。後略。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/307_14909.html

入会も退会も関係無いって話になるわな

2ちゃんねる型「正義感」のいやらしさ [絵文録ことのは]2007/01/13


2ちゃんねらー」と言ってもいろいろな人たちがいるのは当然である。たまたま検索結果で2ちゃんねるのページを閲覧した人も、毎日毎時間書き込んでいるvipperも、どちらも「2ちゃんねる利用者」であることには違いがない。

 このページでは仮に「2ちゃんねるコミュニティ帰属意識がある人」と定義してみたい。つまり、2ちゃんねるが批判されると腹が立つ人である。これは私が以前から使っている定義であるが、私の嫌いなのは、こういう「2ちゃんねるコミュニティ帰属意識がある人」たちの振りかざす社会正義なのである。



オウム信者」と言ってもいろいろな人たちがいるのは当然である。たまたま教義に感化された人も、実際にサリンを撒いた犯人も、どちらも「オウム信者」であることには違いがない。

 このページでは仮に「オウム真理教帰属意識がある人」と定義してみたい。つまり、オウム真理教が批判されると腹が立つ人である。これは私が以前から使っている定義であるが、私の嫌いなのは、こういう「オウム真理教帰属意識がある人」たちの振りかざす宗教正義なのである。



こうですか!わかりません!

ネット上で「かしら」とか「わよね」とか言う人のブログを見ると

なんか胸元あたりが "い゛ーっ!" ってなる。

あんまり好きな言葉じゃないけど「生理的に受け付けない」ってやつだろうか。

なんなんだろうなあ、この感情は。

っていうかオフラインで出会う女性にもそう言う人ってほとんどいないんだけど実在するん?

おじいちゃんが「じゃよ」とか言うぐらいレアな気がする。

それuserContent.cssでできるよ

anond:20070115223815

@-moz-document url(http://reader.livedoor.com/reader/) {
  .adfeeds_body { display: none; }
}

とりあえず

外は寒いよ。

空もね青いしね。ね?

冬はね、嫌いか?

息がね、白いものね。

ウツとかソウとかうるせっつーの。

いろんなものをかかえてかかえて

傷ついて傷ついてそれでね

すべて忘れてシニカルにってね。

ごめんな。ホント好きかも好きかも。

http://anond.hatelabo.jp/20070115031815

付き合ったら、いつかは別れがくるじゃない。だからずっと友達でいたいんだよ。

ああ、ここの箇所は良くわかる。だから気の会う人ほど、好きな人ほどそういう関係になるのが怖いんだよ。

でも、好きだから独占したくなることもあるし、付き合いたいって思うこともあるし。

それでも、今の関係を壊したくない一心で、友達のままでいたりすることもある。

そんなことをして葛藤してると、いつかその人には彼女ができてしまって、それはそれで寂しかったり。

それで、自分はバカだなあって思ってるんだ。いつも。

anond:20070115212026

GM_addStyle(".adfeeds_body{display: none;}");

http://anond.hatelabo.jp/20070114231823に捧ぐ

とある職場で知り合った彼女

性格がよほど合ったのだろう、すぐに意気投合し、仕事外でも遊ぶようになった。

二人でよく、ライブに行ったり旅行に行ったりした。明け方まで飲み明かしたことも多々あった。それほどお金を持っているわけではなかったので、俺の部屋で飲み明かすことが多かった。互いの日常や、仕事のことや、人生観や恋愛観、腹を割って話した。

ほんとうは「女として」好きだったんだと思う。けど、「ずっと親友でいてね」って言われたら、そんな事おくびにも出せない。「親友」と呼ばれる事自体めったにあるわけではないので、それもたまらなく嬉しかった。彼女が目の前で無防備に寝ていても(夏は特にひどかった)、酔って抱きついてきても、男としての本能を抑えて、じっと我慢した。自分のことを「親友」と呼んでくれた彼女に対する、敬意と信頼を込めて、そして何より「親友でいいから、彼女の近くにいたい」という想い。

互いにその職場を辞めても付き合いは続いた。電話メール、そして、二人での飲み。

・・・しかし、ほどなくして彼女からの連絡がぱったりと途絶えた。メールを送れど返ってこない。電話をしても出やしない。なんだどうしたんだと思っているうちに、「現在使われておりません」のアナウンスが流れるようになった。

彼女の身に何かあったのだろうかと思い心配になり、前の職場の“つて”を頼って彼女の消息を何とか確かめた。

彼女は、結婚していた。

職場結婚で、出会って半年のスピード婚との事だった。これを聞いて、結婚云々よりもまず、「彼女結婚した」という事実と、「自分に連絡が一切来なくなった」という事実を結びつけるのが、たまらなくつらかった。「ずっと親友でいてね」と言ってくれた彼女。「こんなに合う人は今まで会ったことない」と、ほんとうに幸せそうに微笑んでいた彼女。それが、出会って半年の男に、いとも簡単に「ないもの」にされてしまった。俺と彼女の四年間の付き合いは何だったのだろう。どう説明がつく?「自分のどこに落ち度があったのか」と省みる日々。彼女を恨もうと思ったけれど、それもできず「自分が悪いのでは」「自分に何が足りなかったのだろう」という内省ばかりが続く。それから三年経った今も、まだまだ大きく影を残している。

多分俺が馬鹿なんだろうな。でもいい。もう一生女なんか信じない。

エイプリルフールまでには間に合うように

そろそろエイプリルフールネタを考えないといけない時期だと思うんだけど、みんなもう決まった?

増田誕生裏話へのトラックバック

http://anond.hatelabo.jp/20070115214507

http://anond.hatelabo.jp/20070115221818

かえってすがすがしいぐらいにキモいね君たちは。

スルー力云々とかじゃなくて、最近はただ単に他人に言及する気力を失っているだけのしわがれた俺でも

思わずトラックバックしてしまうほどだよ。

君たちのそれはもはや天性の才能だ。記事の端々から瑞々しいエネルギーがほとばしってる。

わざととかそういうレベルじゃない。今の俺にはどうやっても書けない。何故かどこか懐かしくすらある。

http://anond.hatelabo.jp/20070115221641

どうせ読まない、という人はよくいるけど、分からない。

週末に読んでタグを付け直す作業をやっている。

http://anond.hatelabo.jp/20070115221818

アノニマスダ→増田→「擬人化

擬人化の言い出しっぺが誰か分からなかったので、すっとしました。ありがとう

あと、

http://anond.hatelabo.jp/20061113091613

の、記事をみたとき、自然な流れで文章に「増田」が組み込まれていて、ワクワクした覚えがある。

増田誕生裏話 その2

http://anond.hatelabo.jp/20070115214507

それじゃあ俺も書かないわけにはいかないな(嘘。書きたいだけ)。

id:zoniaの呟きを拾ったのは俺なんだが、あれは本当にただ擬人化したかっただけでね。「アノニ」って、いかにもハーフっぽくて綺麗な名前じゃないか。擬人化しないほうが嘘だよな。まぁ、本当に「増田」を略称にするつもりはなかったんだ。

・・・なかったんだけど、はじめて略称として『増田』を使ったらしいエントリを書いたのも俺なんだよな。いま考えてもなぜ略して使ったのかわからない。

擬人化設定自体は定着しなかったけど、『増田』の誕生と発展にわずかでも貢献できて嬉しく思っているよ。

みんな、これからも『増田』をよろしくな!

あとで読む

あとで読むことはほぼ無いので今読め。すぐ読め。

でね。

まあ

血液型占いなんて軽度の本質主義でそれはナチズムなんだよ!」

とか飲みの席で半ば本気で言うと

「そーゆう理屈っぽいところがA型(笑」

と返されて怒り心頭。

文化人類学における本質主義>反本質主義>反・反本質主義歴史をしゃべり始めちゃって大顰蹙。

「そーゆう空気読めないところが(ry

でまた怒髪天

みたいな。

http://anond.hatelabo.jp/20070115031815

>私は女だけど、まあ、もし、自分が兄のように慕ってたひとから好きだって言われたら

兄のように慕われたら妹のように萌えてしまうではないか

「占わない」コミュ参加中の

A型ですがなにか?

増田の心地よさは異常

しかし、どんどん自分の日記がつまらなくなっているような気がする。

書きたいのに書けないというフラストレーションがあるがゆえに、そのあいだからはみ出るエントリになんらかの切実さが発生するということか?

2chblog増田を考えてみた

http://anond.hatelabo.jp/20070115210845

わかりにくいので文頭に「2ch」とか「Blog」とかつけてみたよ!

あとあと、増田についても考えてみたよ!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん