2017-05-13

痴漢に合ったけど何も出来なかった

昨日の朝、人生で初めて痴漢にあった。

もちろん気のせいだと思ったけど、スカートウエストの所から手を突っ込まれそうになった段階でああこれは痴漢だな、と。

四年間電車通学をしてきたけど、まさか貧相体型で不細工で背も高い自分痴漢されるなんて思ってもなかったから、まず驚いた。

で、何も出来なかった。

私は不細工で、体型も貧相で、学校に行く途中で急いでいたし、相手は多分サラリーマンのおじさんだ。痴漢冤罪についてはネットでよく見てて、訴えたら男性社会的死ぬのは知っていた。ここで私が訴えたら双方に害がある(私は遅刻ちゃうし、痴漢社会的死ぬし)し、痴漢にあったのが初めての私が痴漢人生を終わらせるほど恨みがあるかと言われるとそうでもないなと思って、怖かったけど痴漢の手を肘で押しのけて、何とか離れて隣の車両に行った。

このまま心に留めとこうと思ってたけど、一人で抱えておくにはちょっと重くて、親にも先生にも友達にも言えなくて、吐き出したくて書いた。なのでオチはありません。私はどうしたらよかったんだろう。

追記

いくつかコメントいただいてありがとうございます。肘鉄ってよりはぐいぐい押しのけた方が近いけどちょっとすっきりしたので痴漢にはそこまで怒ってないです。どうすればよかったのかもやもやしてた。まあ次はないと思うけど、声を上げた方がいいのかな… スカートに手突っ込まれても痴漢じゃないって意見もあるらしいんで参考にさせていただきます

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20170513105014

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん