2016-01-07

飛行機砂漠に墜落して

会社新人研修で、ディベートだかコミュニケーションだかの授業があったよの。

派手な服着たくるくるパーマのおばちゃん講師がお題を出す。

問題

ここは北アメリカ砂漠です。

あなたたちの乗った飛行機が墜落しました。

近くの町は砂漠の向こうで100キロ先。

持ち物は

・水4リットル

パラシュート

・あとなんか(忘れた)

かるために、グループで話し合って持ち物の優先順位をつけなさい。

もうこれね、すぐピンときた。

普通の奴は、町までたどり着くにはどうしたらいいか考えて、

持ち物の優先順位きめちゃう

だか、これはトラップだ!

唯一の助かる方法は、

墜落場所で影を作って救助が来るまで待機。

たった4リットルの水で、100キロ砂漠に出たら1日もたないぜ!

ありがとうマスターキートン

早速グループで話し合い開始。

以上の内容を力説するも、ムカつく感じのイケメン

「いや、俺は待つなんで嫌だね。街に向かう一択だろ!」と言い出す。

ばか!死ぬだろ!ってもめる。

するとイケメンの横の女が、イケメンをチラチラみながら、

「私も砂漠を超えるのがいいと思う!」とか言い出す。

結局、グループでは砂漠をこえる方針で発表することになり、

おばちゃん講師から「ブッブー!ハズレぇ!」と言われる結果に。

知ってたよ、でもイケメン正義なんだよ。

しかし、おばちゃん講師は続ける。

「君は正解がわかってたわよね」

(こくり)

「正解がわかっていながら、グループ方針を舵取りできなかったのだから

1番大事コミュニケーション能力に欠けるってこと。わかってる?」

衝撃。

アホなイケメン砂漠死ぬ

俺は砂漠で生き残れるが、この社会で生き残るスキルがないらしい。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160107084207

記事への反応(ブックマークコメント)