2012-01-28

会社員副業会社にばれない方法って、これで正しいのかな?

会社員副業に関する質問インターネット上に多数あるけど、どれも断片的なので理解するのに苦労した。

質問サイトとか税理士事務所Webページとか税務署とか一通り見て(丸一日くらい潰れた)、以下の理解に達した。

注:ブクマコメで、「それより、堂々と副業を認めてもらう言い訳を考える方が生産的」って言われたのだけれど、その通りだと思います(ぇ

会社員副業本業会社にばれないようにする方法

(1)会社員副業個人事業主青色)を行う場合普通に確定申告を行うと

(翌年の)住民税の金額が変化する。住民税は、主たる雇用主が一括して特別徴収で払うため、

この金額の変動が会社に知られ、副業がばれる。

(2)よって、申告時に副業分を「普通徴収」にすれば、

本業会社には給与所得分の住民税のみの情報がいき、事業所得分の住民税

自分で払う。

(3) ただし、副業の事業所得赤字場合本業給与所得損益通算が行われる。

結果、(翌年の)住民税が減少する。この情報会社に知られる。

この損益通算は自動的に行われ、防ぐ方法はない。

(4) 1〜3以外に、税金会計関係でばれる経路は無い。

うっかり誰かに喋ったとか、手続ミスったとかの別経路は除く。

(5) よって、副業会社にばれないためには、副業分の住民税普通徴収にし、

かつ事業所得を常に黒字に維持すればよい

であってるのかな?

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20120128180913

記事への反応(ブックマークコメント)