2019-01-22

自分で整髪料つけれるようになるのに20年かかった

中学以来、頭に何かつけるなんてのは不良のすることだと思って今まで生きてきた。

基本的に、頭洗った後は自然乾燥だったり、たまにちゃんとしなきゃいけないときドライヤーで少し分けたりするぐらいだった。

先週の日曜、駅近くの床屋で終わり際に整髪料つけてもらってカッコよくしてもらって(床屋で整髪料を付けてもらうのはなぜかセーフだった)店を出て、ふと周りを見渡すと大人の男はほぼ皆整髪料つけてることに気が付いた。

帰り際にコンビニで小さいGAP買った。

月曜日、頭を洗って乾かした後、自分適当に頭につけてみたら、今までぼわっと膨らんでいた頭がシュッとして床屋から出てきた時みたいなカッコいい頭になった。

少し恥ずかしかったけどその頭で会社に行った。別に誰にも何も言われなかった。

今年で35。気が付くのが少し遅かったかもしれないしれないけど、気が付いてよかった。彼女欲しい。

  • anond:20190122191639

    この人みたいに、恰好つけることを恥ずかしがる性格の人って、人生だいぶ損してるよね。

  • anond:20190122191639

    髪を触る癖があって、髪を触った手がなんかベタベタするのが嫌でやめてしまったな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん