2018-02-21

何者かに

子供のころ伝記が好きで、野口英世エジソンを読み、科学者になりたかった。

学生時代司馬遼太郎坂本龍馬を読んで男は何かをせねばならんと思ってた。そのころの友人が普通に結婚して家庭を持つって言っててびっくりした記憶がある。

同僚に子供のころからどうせ頑張ったってサッカー選手かになれるわけないから頑張らなかったっていう人がいて、これもびっくりした。

そこそこ有名でファンも多い店の主人が、やめて他のことをしたいと聞いた時もびっくりした。

何物にもなれなかったというのも二つある。

実際に行動を起こしたけど駄目だった人と

行動を起こさなかった人。

後者の方が、あの時行動していれば何者かになれたかもしれないなと思えて

幸せかもしれない。

  • anond:20180221152227

    好きなことをがむしゃらにやってたら何者かになっていた っていうのが何者かになった人の感想なんじゃないかな 何者にもなれてなくても好きなことをやっている間は幸せじゃね

  • anond:20180221152227

    ワナビーの行き着く先は破滅 取り返しのつかなくなる前に実績を作るしかない

  • anond:20180221152227

    子供の頃なら普通に家庭持つのにびっくりするのはわかるが、今ならそれは十分に「夫」とか「父」という何者かになっていると思わないか そんじょそこらの社長やスポーツ選手なんか...

  • 志が 本物なのか 試される時は 来る

      五十歳を超えてから 勉学して 大業を 成し遂げた人がいる   平成30年は その人が 大業を成し遂げて 亡くなってから200年だ                          anond:2...

  • 子どものときなりたかった職業

    F1のレーサー 飛行機のパイロット 全知全能の神 子どもにとっては、これら3つは同じようなものだったw   子どもの頃「神」という言葉を知って、親に意味を聞いたら「全知全...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん