2017-10-31

ペアで飼ってる文鳥がいる。

雌のほうがストレスで羽をかじるのだが、主にボロボロになっているのは雄の後頭部だ。

それでも揉めることなく、実に仲良く暮らしている。

雄がイケメンである。禿だけど。

最近自分尻尾も噛むようになったようで、ほぼ付け根近くまで噛んでボロボロになっていた。

どうも産卵前後イライラするようで、飼い主もこの時期よくちねられる。

産んでしまえばとりあえず収まるので、今回は短くなった尾羽を抜いておいた。

換羽でぞろっと抜けるパターンの時も思うけど、しっぽのない文鳥ってどうしてこんなにかわいいんだろう。

雄のほうは抜かれすぎて後頭部に羽が生えなくなってしまった。

フォルムおかしなことになっているが、まじめな顔して歌ってくれるイケメンである。禿だけど。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん