2010年10月16日の日記

2010-10-16

http://anond.hatelabo.jp/20101016235017

ぜんぜん違う

社会的敬遠したくなるってのは

「30代女と付き合うと結婚意識しなければいけない」

「30代女と付き合う以上責任を取るべきではないか」

「30代女と付き合うと面倒くさい」

といった社会的事情

動物的性欲を上回り、おもわず敬遠したくなる、という意味

http://anond.hatelabo.jp/20101016221119

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B0%E9%99%BD%E5%B8%AB_%28%E6%BC%AB%E7%94%BB%29

雷公。藤原家に左遷され憤死した。眷族を率いる。怨霊になった後も学問を敬う心は消えず、勉学を軽んじられると激高する。左遷されたことを強く根に持つ一方で、都住まいのことを思い出しては涙を流したりと表情豊かな頑固親父として描かれる。

このイメージが強いんだよな。

こういう画像って誰が載せるの決めてるの?

http://www.amazon.co.jp/dp/B0046X1ZZQ/

どうしても気になるのだが…

昨年、会社の人事と面談をして、入社してからのことについて色々聞かれた。

その際に精神科に行きたいみたいなことを言ったら、先ずは会社内のセンターを利用しなさいと言われた。

もしかしたら、精神科に行ってもあまり効果ないと思っている?

大学時代カウンセラーに通っていた(大学内の相談室)。

聞いて貰って楽にはなったが、説教じみたこともあったので…。

でも、臨床心理士ってどうなんだろうなぁ…。

そういうのに頼らなくても精神を保てる方法はないのかな…。

http://anond.hatelabo.jp/20090317143004

http://anond.hatelabo.jp/20090801072936

http://anond.hatelabo.jp/20101016234105

社会的には敬遠したくなる、って単にそれ自分が負けてるからってことじゃないの?

その上の部分を切ってしまったら、そのジャンルは死ぬに決まってるんですよ。

中野 POS(Point of Sale System)を導入したんですよ。それは音楽を殺すからいかんと、僕は最後まで主張したんですが。

―― それはどういう理由からですか?

中野 POSは売れるものだけ売って、売れないものを切るシステムなんです。音楽でも何でも、市場にはヒエラルキーというものが存在しますよね? 大衆向けからマニア向けまで、裾野の広い下の部分から突端まで。その上の部分を切ってしまったら、そのジャンルは死ぬに決まってるんですよ。

―― そんなに売れないけど、そのジャンルの先鋭的な部分ということですよね。

中野 生長点に当たる部分ですよ。そこを切ってしまったら、下は育たなくなるし、つまらなくなっていくんです。だけど会社は売れるものを売って、利益を上げたい。昔は売れなくてもブルーグラスを置いとこう、カントリー好きな人がいるからって置いてたのが、POS管理になると、それは不良在庫なっちゃうんです。

http://ascii.jp/elem/000/000/561/561848/index-3.html

http://anond.hatelabo.jp/20101016233634

確かに30代になっても一部美人はいて

実際俺もそういう人には惹かれるんだけど

なんて言ったらいいか

性欲的、動物的にはOKだけど、

社会的には敬遠したくなる感じ?



人間社会的動物だってのを強く感じる

http://anond.hatelabo.jp/20101016233513

あれが嫉妬じゃないならなんなんだよwww

もしかして真面目に「顔採用はいけないことです(キリッ」とか言ってるわけでもないだろうww

http://anond.hatelabo.jp/20101016232508

それが嫉妬であるのか?w

おまえの価値観の方がイタイだろ。

それか嫉妬の意味が分かっていないか。

http://anond.hatelabo.jp/20101016221119

へー・・・意外といるもんなんだね

西の方は特に伝説とか多いのかな

関東だと学問神様ってだけだけど

http://anond.hatelabo.jp/20101016231532

あーゆーのって理系技術職の非コミュはどうすしたんだろうと不憫に思った

NTTデータ内定式だとコミュニケーションの輪に入れない修士がいっぱいいたしw

http://anond.hatelabo.jp/20101016232102

いやー、だって嫉妬してる奴が多いじゃない現に。

キャバ嬢だの顔採用だの、判子絵だの無個性だの、読むだけで笑える。

id:xevraとか必死杉てもうね。

http://anond.hatelabo.jp/20101016231532

財閥企業とか国家1種ならともかく、サイバーエージェントごときに嫉妬するわけないだろw

CAなんて就職先としての格は低い。

CA内定者に発狂する人間の屑が多すぎ(笑)

って思ったら先客が既に増田でもちらほら。

あれぐらい普通だよね。

ていうか職場に毎日見る顔がブサイクとか意欲減退どころじゃねーし。

グズの人にはわけがある

グズな人間は「行動」に時間をかけないで、やるべきかどうか「悩む」のに時間を費やす。

http://anond.hatelabo.jp/20101016225934

リア充

「おまえ今から女遊びかよww

そういうのは若いうちにやっとかないと意味無いだろw

というか年取ってからだとつまんないじゃんww

普通俺らの年代になったら結婚とか育児メインだろww

今まで何やってたのwwwwww」

しにたい

よくあるパターンだけど今日髪切りに行って来て気に食わなかったからさっき自分でちょっと切ったら大失敗した。

もうどこへも行きたくない

適当ワックスで横に流してごまかし続けるしかないか、、、。

http://anond.hatelabo.jp/20101016225934

復讐か…

むなしいだけじゃん

むなしい、ムナシイ、虚しい

http://anond.hatelabo.jp/20101016195153

「簡単な事で周りからの扱いが劇的に変わる」「人の評価軸なんてどんどん変わっていく」というのを若いうちに思い知らないから、評価の変化に戸惑うんだろう。

世間や他人からの手のひら返しを手っ取り早く知れるのは「恋愛経験」だったりするんだよね。

http://anond.hatelabo.jp/20101016205012

奴らは理想理想のまま所有することを願う。

よって君がどんだけ残念スペックでも、現実サイドで都合のいい女でさえあれば、

君に振り向くことはしないが一緒に同じ方向を見ることくらいはやぶさかではない、

趣味はアレだがそこそこ稼ぐ男子をゲットすることはたやすいだろう。

うちくる?

http://anond.hatelabo.jp/20101016114205

私も躁鬱病ラビットサイクルの双極性障害Ⅱ型って診断をもらってる。

躁が酷い時は恐ろしいことたくさんやった。

出会い系サイトでやりまくったり、貯金を一気に使い果たした。

その時の自分は私にはこんなに人を惹き付けるのよー、オホホホホホっていう信じられない思考。

そしてそのツケが一気に鬱に出る。

躁の時とは違う意味出会い系依存する。

これは私なんて人間には価値はないからボロボロになってしまえばいいという自傷行為

だから相手もキモメンから選んでいく。


これの解消法は本当に日記と身近な人の協力しかない。

まず日記自分の状態を数値化するようにする。

今の気分は鬱で沈みまくっているので-10とか、何でも出来る気になっているので150とか

適当で良いので感覚数字に置き換えてみる。

そしてそれを一週間単位で線グラフにすると浮き沈みが一気に出る。

身近な人間にその数値を読んでもらうようにして、お金管理、行動の抑制

本当におかしいと思ったら即医者に連れて行けとお願いしておく。

で、逆ギレ起こしやすい躁の時はそのグラフを見せるように言っておくと

私の場合は意外と冷静になって話を聞けた。

今は安定して、鬱になりそうだと思ったら家で睡眠を取るように心がけ

躁だなと思ったらできるだけ人がいない所で1人で出来ることをやるようにしている。

これで今は何とかなってる。

躁の時の自分のことが好きな人は結構いるけど、そう言う人には極力鬱の自分を見せていくと

意味なく称えてくることも減るので調子に乗らないで済む。

一番大切なのは借金をしないことと身近な人間を裏切らないこと。

それだけ守れば多少の躁鬱は見逃してもらえると思う。

http://anond.hatelabo.jp/20101016122358

ネットの言い合いで相手が黙ったとき

自分は相手に勝ったと思う

自分は相手にされず負けたと思う

自分は勝っても負けてもいないと思う

議論の真実はおいといて、みんなはどれだと思うことが多いですか?

http://anond.hatelabo.jp/20101016221119

菅原道真は水がなくて困っていたうちの地元で井戸を掘ってくれたという伝説がある(実際、その由来の井戸も存在する)ので、割と好感を持ってる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん