2008-08-24

もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに

どうも日本学校って、何かと精神論になりがちなところがある気がする。

少なくとも俺の通ってたとこはそんな感じで。

例えば小学生の時。絵を描きましょう、なんて時間になったとき。先生は、何も言わない。ただ、校庭に出て、好きな物を見つけて、それを一生懸命描きなさい、心をこめて描きなさい、って言うだけ。

んなさ。心こめて描けっていってもさ。

あと、先生は、「課題物を描けなんて小学生には荷が重いだろうから、なんでもいいから自由に描くようにさせてみよう」って思ったのかもしれないけど、寧ろ、「自由にやれ」なんてほど難しいもんってない。

分からないままに、なんか適当に木を選んで、描き方もよくわからないから、なんか適当に色塗ったりした。

自分でもなんかよくわからんから、ってスタンスで描いてるから、できた絵も当然、別に気に入らない。ド下手とは感じなかったけど、もっとうまく、写実的に描けないものかな(写実的なんて言葉当時は知らなかったが)と思っていた。

でも、先生は当然のようにそんなテクニックを教えてくれない。ただ、遠足気分(あくまで先生的に。別に俺らは全然遠足気分じゃなかった)で外歩いて、好きなものを、子供ナチュラルな目線のまま描きましょう、的な。でもさ、んなこと言われても、俺ら描けない。描き方も教わらず、何を描けとも教わらず、ただただ「自由にやってみろ」って、今思うとこんなに難しいことはない。

で、それで採点されちまうわけで。通知表とか。だったら、「先生にいい風に評価される絵の描き方」を教えてくれよ、って思ってた。でも、先生は、「そういう小手先のテクニックじゃなくて、気持ちをこめて、子供らしいおおらかな絵を描くのが一番いいんだよ」とか言う。正直、わけがわからん。親に聞いても、別に芸術畑で育った訳でもない親は、「絵なんてほとんど才能なんじゃない?だから適当でいいんじゃない」としか言わない。好き勝手に描いても、全然上達なんてしねーし、でも俺の絵ってなんかものたりないなってのは思ってて、でもどうしようもないって先生も親もいうし、絵ってつまんねーな、色塗るのめんどくせ、で終わってた。

国語も、読書感想文とか、「○○の感想」とかいう類のものは困った。まず、何を書きゃいいのかわからん。読書感想文でいえば、3枚は書け、とか言われるんだが、小学生感想なんて「面白かった」「つまらなかった」「よくわからなかった」そんなものしかないわけだ。感想文とか言われても、だから何を書けばいいのかそもそもわからない。例えばあらすじとかは書いて水増ししてもいいのか、なんか読んで思った感想ってのはどこまでの幅を言うんだ、そっから思い出した自分エピソードも感想のうちなのか?とか、全然分からない。先生に聞いても「自由に思ったままを書け」としか言わない。思ったことなんてねえし……「そこそこ面白い」しかねえし。

模範文すら教えてくれない。内容の組み立ても。何もかも。親に聞いても「感想感想だろ」しか言わない。わけわからない。皆も同じくわけわからなかったっぽい。

とにかく、自由すぎる。

自由に考えろ。自由に書け。なんてのは、今思うとかなりの高等レベルだ。人間、枠があったほうが考えやすい。条件つきの方が、自由より寧ろやりやすいんだ。それに気がついたのは高校生のときだった。

自由にやれ、というわりに、しっかり点数だけはつける。いや、それじゃあさ、点数の指針を教えてよ、って思ってた。

そう。指針。それがないと、どうしようもできない。自由にやれなんて聞こえはいいが、当時のイメージとしては、あまりに膨大な大海の上を、一人プカリプカリと心もとなく浮かんでいる感じだった。そうじゃなくて、先生の方で用意してほしかった。きちっとプールにして。50メートルでくぎって。そんで、2週してこい、平泳ぎで、ってそこまで指定してほしかったんだよ。そうすれば自分の目標もたてられる。何も指針がない、何も教えられない、それじゃ目標もたてられない。反省も出来ない。

小学生は、自由にふよふよやらせるのがいいんだろうって先生は思っているのかもしれないけど、寧ろ逆じゃないか。

子供こそ、「これをやれ」って明確に課題を与えられた方が、熱中しやすいんじゃないか。

「でもそれじゃつまらないんじゃ?」って、どのみち自由に絵を描けなんてのもつまらんのだ。絵を描きたかったら、家で勝手に描いてる。もっと、絵にしたって、「影をつけると立体的に見えるよ。影はこうやってつけて。光源を決めて、そこからこうして」とかテクニックをもっと、バンバン教えて欲しかった。それがあれば、とりあえず、「何をやればいいのか」が分かる。それだけで大分違う。それに、上達が目に見えて分かるようになる。「模範的な絵」「模範的な作文」も見せて欲しかった。そしてそれのどこがどう「正解」なのか。小手先すぎるかな、というくらいのテクニックを、教えて欲しかった。そしてもっと、狭い枠の中で、課題を出して欲しかった。そのほうが、自分が上達してるのも目に見えてわかるし、何がダメなのか、何を目指せばいいのかもわかるから、モチベーションが上がりやすい。自由に作文を書け、絵を描け、なんていわれても、モチベーションは全く上がらない。何を目指しているのかすら、不明なんだ。作文だったら「こういう、型にはまった文章を、不自然でなく書けるようにしろ」っていう一定のゴールみたいなものが欲しかった。

作文とか絵とか、今思うと怖かったもんな。

あまりにゴールがなさすぎて。あまりに、とらえどころがなさすぎて。あまりに範囲が巨大すぎて。全体を把握できない。とっかかりもない。どうすればいいのか、ほんと分からなくて、どっからどう手をつければいいのか、全然分からなくて。

もっとも、小学生の自分には、そういう漠然とした想いをこうして文にする力は無かったから、何も言えないまま終わってしまったが。

そしてプラスするなら、「何が出来ればいいのか」という目標を、常に先生には子供意識させてやってほしい。

目標は具体的に何なのか?」ということを漠然ではなくしっかり認識するという大切さを、自分は大学はいってようやく知った。

「自由さ」なんて、どうせテクニック覚えていけば、成長過程で勝手に自分で色々やりだすもんだ。

もっと、漠然とした「絵を描きましょう。作文を書きましょう」とかじゃなくて、課題をしっかり与えて、テクニックをもっと教えて欲しかったよ。


追記。

「テクニックなんて自分で勝手に学べよ」とか「与えられるの待ってるんじゃなくて、そういうのは自分で考えろよ」とか言う人いるけど、そんなん小学生に求めるのは余りに過酷過ぎw板前修業中の若者に言うならまだ分かるけどさ。そういう事を言うのは、大人になってからの話。小学生にんなこといったって無理だって。そういう人は自分が小学生だったときを美化しすぎだと思うぜ。大体、子供のときなんてそんな「考える」力すらない、ゼロなんだから、最初から「自分で考えろ」型教育は、結局何も生み出さないよ。まず模倣、基本の型、そういうのを吸収した後に、「自分で考える」ことが出来るんだと俺は思うけど。ピカソだって基礎をちゃんとやってる。いきなりああいう絵を描いたんじゃない。ベートーヴェンなんかも、違う曲から旋律をマネしたりしてる。ていうかそういう特訓をするために「学校」てのがあるんだと思うんだがなあ。「自由にやれ」って言うだけじゃ学校意味ってないだろ。そういう特訓をしてもいないのに凡人が「自分で考える」なんてやっても、ろくなことにはならない。それって単なる自己満足だと思う。ただキレイノートまとめただけで、「あー、勉強したー」って言うみたいな。

あと体育も、言及してる人いるけど、「走り方」とか教えるべきだね。全然教えてくれないから、早く走るなんて無理なんだ、生まれつきなんだ、って俺思ってたけど、高校生になって陸上部連中に練習法とか教えてもらったらタイム縮まって驚いたもん。そりゃ努力すれば誰でも10秒台、なんてのは無理だけど、でも縮めることは案外できるんだよなあ。

それと、「教えてくれればよかったのに」というタイトルにしたもんだから(これはちょっと、インパクトの観点で選んだところがあるんだが)まるで「先生のせいにしてる」みたいに受け止めてる人もいるけど、別に俺は「今俺が絵下手なのは小学校のときのあの先生のせいだ、恨んでやる!」とか思ってるわけじゃないよ。今は、型とか基本の大事さ、目標をしっかり認識することの大事さとかに気がついてきたから、それはもういいんだ。絵もまた描き始めてるし。

ただ俺みたいな小学生が、また今も量産されてんのかなって思うと残念な気がするんだよね。

それで絵に対する興味を俺みたいに一時的に失ったり、体育本当つまんね、ってなったりするのは勿体無いからさ。それこそ、「子供才能を潰す」って奴だと思うんで。(『本当に才能があるひとはそんなこと関係なく這い上がってくる』とか言う人いるけど、才能のあるなしとメンタル面の強さって別に必ず比例するわけじゃないから。普通に、才能あるけど潰される人はいる。才能ある人は何しても潰されず上がってくれるはず、なんてそんな無責任に甘いこと考えてちゃいけないと思うよ。天才の才能を凡人が潰すなんて、いくらでも有り得ることだから)

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20080824041507
  • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507

    日本では、技術が有る人間をそれだけで高く評価したりしないが、精神のある人間ならそれだけで高く評価してくれる。 精神のある人間になら、組織のノウハウさえ分け与え、結果とし...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824043522

      そんな手順ばかり踏んでるから技術が継承されていかないんだろうなぁ… 実際の所精神と言うよりも相手に都合良く振る舞ういわゆる空気読む力の問題だし

  • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507

    単純にさ、教師になる過程で、そういう教育は受けてこなかったんじゃない?

  • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507

    図工・美術ではテクニックは教えない・教えてくれないなぁ。 指導要領にはテクニックの指導って書いてないよなたしか。 教科書の指導書にも……ない。教育課程にもテクニックについ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507

    わかるわかる。学校だけじゃなくて本格的な稽古事でもそうだったりするんだよな。 だから、単に不器用だったり要領が悪いだけの人間が「才能がない」と思いこんでスポイルされてし...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507

    絵の話、なんか共感できないなーと思いながら長時間眺めてて、ようやく理由が分かった。 俺は元増田と違って「どう描くか」を考える前に「何を描くか」を考える人間だったってだけ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824102811

      一定以上のレベルの芸術の話すると、実は「何を書くか」の「何を」が全くなくなったときこそスゲーもんができるんだけどね。そうするとそこに残ったものは純粋な「技術」なんだけど...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080824105101

        なんとなく言いたいことは伝わるんだが、元増田の言う「自由に描け」は「周りにある好きなものを好きなように描け」程度の話じゃないの? 俺が書いたのはあくまで小学校レベルの図...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507

    技能教科ってのはあれ、要はダイジェストだけ体験しましょうって方向なんだろうな。国語でも文法はともかく、小説なんかだと日本や世界の文豪の書いたもんをダイジェストでほんのち...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507

    まぁ、増田の個人的感想はわかったよ。 全然別の考え方があって、小学生のときから作文や絵画で細かいテクニックを詰め込み、そこを指導しても入り口でやる気をなくすだけだから、...

  • 技術を教えてくれた先生

    もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに この話を読んで、僕は小学校5・6年生の頃、美...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507

    これはすごくよくわかるなぁ。 自由自由って、おまえらどんだけ楽してるんだって感じ。 勉強または趣味がなぜ楽しいのかというと、自分が成長する実感があるから楽しく感じるんだよ...

  • もっと、学校でテクニックを教えてみた教師の憂鬱

    もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 技術を教えてみた事例 先日、久しぶりに友人と遊んだ。夜になって酒が入ったところで俺が萌え...

  • 型ってやつだよ

    http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 芸の世界では、とにかく型を教える。 「こう」するっていうのをとにかく覚えさせる。 どんなに先鋭的な芸人でも、最初に覚えるのは「型」。 型を覚える...

    • 図工美術教育ってのは「型を示してくれない」のね

      http://anond.hatelabo.jp/20080824154207 学校教育の図工美術って、「こういう作品を作りなさい」っていう「型」が示されてる? 明確に型にはめられて、そのための技術を習得できたらいいのにね...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080824164650

        そんな奴は使えないからいらない。 技術なんて学べばいいけど。 子供のうちに鍛えるのはそれ以外の部分が主。 文章を書く、絵を書く、工作を作る。 技術なんてどうでもいいんだ、そ...

        • http://anond.hatelabo.jp/20080824165214

          とにかく発想させる。これ大事。 なぜ「発想させる」のが大事なのかも分からないし、そもそもここで書いてある 「発想する」って何のことかもよく分からないんだけど、 こういう...

          • http://anond.hatelabo.jp/20080824175343

            もはや思想の領域なんだろうな。 理由なんて無いんだと思う。 「自由な発想が大事なんだ!なんで大事かというと、大事だからだ!」 と言っているだけで、こういう人を説得するのはた...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080824164650

        技術・技能がなきゃね、発想を形にできんのですよ。 発想の仕方ってのをね、教えてくれてもいいんだけどその前に、発想を表現するための技能がないとね。この絵はなんですか?餅?...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824154207

      型を覚えるから独創的な「型破り」が可能になる。 型を覚えないで、やっちゃうと「型無し」と言うそうだ。 いいね。すごくいい。先人の知恵に触れた感じ。 型より入りて型よりい...

      • [ググレカス]型より入りて

        (ぐぐったら0件だった!!なんで!!) http://anond.hatelabo.jp/20080824233940 ※注 13歳頃からはほぼ一日中図書館で過ごすようになった。 ググレカスはローマで孤独に一生を終えた。 ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824154207

      『ドラゴン桜』より。

  • 自己矛盾を抱える世論と教育界

    http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 これを見て思った。 「あぁ。人々が必要としている教育っていうのは、技術であり、手法なんだ。」と。 現実生活で役に立つ、How to や ライフハック(笑)...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824165021

      テニス教室で、日本では指導者が「フォームが崩れているからこうした方がいい」という。 アメリカでは、「そのフォームだとこの点はメリットだが、こっちはデメリットになる。ど...

      • anond:20080824175541

        確かにフォームの存在さえ示されてないことが多いよな ってかね、「何の為にやるか」が提示されず、「授業だからやりましょう」で興味を持つはずがない 目標は自分で見つけるもの...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824165021

      君がどれだけ入念に準備してるのかは知らないが、そんなことやってない教師は腐るほどいる。 前にも書いたが 俺は小学校のとき、文章で句読点を打つ場所の基準がさっぱりわからなく...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824165021

      そう、自分で立てる目標はまさに自分で立てるのであって、学校が「自分で立てろ」というものではない。学校は純粋に技術だけ教えて、それを使ってどうするか、何に使うかという目標...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824165021

      どっちがいいんだ? ほら、目標は自分で立てようよ。 うぜえwwwwwwwww きもいんで教育をネタにオナニーすんの下さいww

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824165021

      いや、あのさあ。 何も知らないゼロの子供に、「自分で目標たてろ」、しかも、「自分で目標をたてるんだぞ」とも言われず、何も言われない状態で、「目標は大事だ。だから、自分で...

      • これこそ増田

        などというたいそうなことではないけど 真の力ってのはまず模倣。型。そういうのをつめこんでこそ、自由にやる力、自分で考える力ってのが生まれる。 http://anond.hatelabo.jp/20080824220728 ...

    • 考えるための素養

      http://anond.hatelabo.jp/20080824165021 発想の元となる考えるための素養とは、必要な知識と技能である。 これを習得することは、パターン認識による推定的な学習に不可欠である。 ∴学校教育...

    • コーチングをする時の6つのポイント:カリスマ教師の心づくり塾

      「カリスマ教師の心づくり塾」では,コーチングをする際に次のポイントがまとめられていました。  相手との距離を60センチ以内にしない相手と正対してはいけないコーチもク...

  • 何事も人まかせなゆとり世代

    http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 http://d.hatena.ne.jp/ktp_oioi/20080823 最近、学校は何々してくれない、あるいはしてくれなかった。 (してくれてたら自分はもっとできる人間になったのに) 先...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824170333

      ここで吠えてないで、そういう人たちに直接語りかけてくれないかな。 ブログだったらコメントとかで。

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824170333

      何教育の事情を個人の自己責任論にすり替えてるんだよw

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824170333

      国家というモノが学制を通じてどんな国民を望んでいるかとか、 完成品のエラーが何割までならスルーとか、そういった大局の視点は持てないんだな。

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824170333

      システムにちょっと手を加えればアベレージはもっと上がるのにって話だろ。 そりゃ個人の努力で能力が向上するのは間違いない。 でもそれとシステムの改善の話はまったく矛盾してい...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824170333

      せっかく真っ当な主張をしているのに、なんで世代論を持ち出すんだろう。 そのせいですごく胡散臭くなっている。 そもそも、あなたが「非常に多く目にするようになった」からとい...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824170333

      的外れもいいとこなレスだな。 俺は「努力教」側だけどね、お前のレスは問題の意味を全くわかってない 単に「ゆとり嫌い」が先に結論にあるだけの話にしか見えないね。

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824170333

      社会の問題点を指摘したり愚痴を言ってストレス解消するのも努力だろ。

  • マネする対象がほしい

    もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに 賛成だなあ。いくつか思うところがあったので書く。 「模範的な絵」「模範的な作文」も見せて欲しかった。そしてそれのどこ...

  • [ネット]もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに (はてな匿名ダイアリー)

    http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 これ書いた人って年齢いくつぐらいなんだろ? 俺は昭和48年生まれの35歳なんだけど、 小中学校の、図工・美術・体育・音楽でテクニックを 全然教えてくれ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507

    美術の教え方が悪いっていうのは、世界的な問題なんだよね。 イラストが上手なヤツで読んでない人は居ないというぐらい有名な本「脳の右側で描け」というのがあるんだけど、そこで...

  • 先に技術を教えるのは良くない

    http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 絵の描き方を習ってないって、それは嘘だろう。 教えてくれてるよ。普通に。 まずは道具の使い方。 絵の具の使い方、パレットの使い方、画板の使い方。...

    • anond:20080824183044

      とりあず、増田のいう教育システムが「もっと高度なことを学びたい」という奴を救うシステムにはなってないということが分かった でも、そういう人は中学校なり高校なりで「技術...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080824184248

        いやほんとにそうだよね。スイミングスクールで泳げるようになる奴はいても、学校の水泳の授業で泳げるようになる奴なんていなかったよな。学校の水泳の授業は泳げるようになりたい...

        • http://anond.hatelabo.jp/20080824184939

          小学校の体育の授業で酷い目に遭ってたよ。 鉄棒ってさ、前回り→逆上がりって教わるよな。 んでさ、俺、ちっちゃかったのよ。 飛び上がって前回りの準備の態勢になれないのね。 棒...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080824184248

        >>その頃には興味も薄れてるんじゃないかと<< 興味が薄れるっていうより、偏見を持ってしまうんじゃないのかな。 興味があろうとなかろうと授業で絵は描かないといけないか...

  • http://anond.hatelabo.jp/20080824191307

    http://anond.hatelabo.jp/20080824093755 この話に納得するおれと、 http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 この話に納得するおれがいる。 思うに前者的な方法によって能力を身につけようとする場合はとに...

  • マインドマップを用いた授業の作り方

      マインドマップは,「補助脳としてのノートのまとめかた:マインドマップ」でも紹介しましたが思考法の一種です。このマインドマップを授業作りにつかってみてはどうでしょうか....

  • もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに

    もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに具体的な提案としては、・文章の書き方。三段論法。意見と事実の違い。客観性の担保のさせ方。・絵画基本は写実一本で行くべ...

  • やっぱやる気が大事

    http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 高校のときバドミントンやってたけど、技術的な指導者がいなかった。 オレは小学校のときから上手い人に教えてもらってたから、ある程度技術を持った状...

  • そんなこと言われてもなぁ…

    http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 教えるだけの技術を教師が持ってりゃいいけど普通に考えてそんなのもってる訳がない。絵や音楽、スポーツなんて努力じゃ才能には勝てない訳で(多分他...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824221414

      教科書か指導要綱にさらっと書いときゃ良いものを書いてないからだめなんじゃない? 教師が教えられないというよりは、システムの問題だと思う。

  • [初等教育]先生への要求は果てがない

     はてな匿名ダイアリー もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに  http://anond.hatelabo.jp/20080824041507    はてブ反響の大きさに驚いた。    子どもに答えられない質問...

  • [スキルアップ]だから、勉強法の本などが売れるのかも。

    もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに テクニックというか、スキルアップの方法というか、そういうものを、教えるということは、あまり、わたしが受けた教育では...

  • 学校の先生って

    しっぽのブログ: 技術を教えてくれた先生 学校の先生って「何を教えるか」と勉強するばかりで「どのように教えるか」に関しては、それぞれの経験則による努力目標って感じなの? ま...

  • 自由

    http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 「課題は自由です」「方法は自由です」 こんなんが自分は大の得意だった。 周囲の生徒が目標さえ決められずダラダラグズグズしている間、ウキウキしな...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080825100201

      ネットにものを書くような連中にとって、学校とはまだまだ先生なんだな。 もう何年かすると、 クラスがもっと静かだったら、私はもっと勉強ができる子になっていたのに どうして...

  • 小学生の美術

    もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのにもっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに↑読んだ。「成績」になる基準は先生が言ってるじゃん。「心を込めて...

  • 指導法について考える日々

    一子相伝の北斗神拳の方が的確なメソードで技術伝達してるんとちゃう?

  • 指導法について考える日々

    一子相伝の北斗神拳の方が的確なメソードで技術伝達してるんとちゃう?

  • 教育的効果

    はてな匿名ダイアリ「もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに」について。 同感です。小学校ではもっとテクニックを教えてもいいのではないか。私、字も下手ですし...

  • 小学校の授業について思い出したこと

    もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに 上のエントリを読んで考えてみたんですが、自分が学生の頃*1に持っていた不満ってのは逆でした。何でも暗記暗記で、窮屈な...

  • [初等教育]結局前に書いたことの繰り返し?ただし名言付き。

     はてな匿名ダイアリー もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに   http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 について前回書ききれなかったことをもう一度。  (前回:先生...

  • 「作文の時間」で十分な文章力は身につくのか?

    最近、DrexelのコースでEssay Writingのトレーニングをしていて思ったことを少し。 ふと、今まで日本で受けてきた教育の中で(小学校〜大学の6+3+3+4年)自分の考えを伝えるための文章を上...

  • [ライフハック]コピペと編集の重要性 創造は模倣から始まる

    自らの手で一から作り上げたものと、既存のものをコピペを上手く使って編集しできたものとを比較してみると自分の実力が良く分かります。昔は未開拓地が沢山あったため自らの手で...

  • [にっき]コピペ

    コピペと編集の重要性 創造は模倣から始まる - keitaro-news コピペっていう単語を使ってるってことは「レポートがコピペの語尾を変えただけだった!」(っていうのは極端だけど)みた...

  • [ライフハック]ルールは従うメリットがあるからこそ従わなければならない

    「自由」というのは維持するのは難しいものです。「自由は大切だ」と誰もが口にするのですが、何か問題が起きるとすぐに「野放しはよくない」とか「規制をかけるべきだ」と言い始...

  • 2012年はてな匿名ダイアリー名作ランキング50選

    今年度 総合 タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 14 先日倒産したメモリメーカーの友人と飲んできた話 2073users 2012/02/29 コンピュータ・IT 2 15 【2012超まとめ...

    • Objective-C勉強したいならコレを読め2012秋

      前提 「iPhoneアプリを作りたいなら」ではない。 「売れるアプリを作る企画力」や「イケてるUIを作るデザイン力」なしに、「アプリ開発に必要なObjective-Cの技術力」だけあっても意味...

      • 江南2:50 もの申す

        ■http://anond.hatelabo.jp/20120229223543 半導体は日本の国策みたいなもんだかんな ■http://anond.hatelabo.jp/20120926165407 業者宣伝乙って感じだけど有益な情報もけっこうあるかねいいね ■http://anond.h...

    • 【確定版】2012年匿名ダイアリー名作ランキング100

      今年度 総合 タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 (14) 先日倒産したメモリメーカーの友人と飲んできた話 2085users 2012/02/29 コンピュータ・IT 2 (15) "Hello world!" ...

    • 【確定版】2012年匿名ダイアリー名作ランキング100

      今年度 総合 タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 (14) 先日倒産したメモリメーカーの友人と飲んできた話 2085users 2012/02/29 コンピュータ・IT 2 (15) "Hello world!" ...

    • はてな匿名ダイアリー 197のコト

      ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法 7900users 2009/10/26 22:02 学び 2 20年来のつらさがほぼ消えたことにつ...

    • はてな匿名ダイアリー 189のコト

      ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法 7900users 2009/10/26 22:02 学び 2 20年来のつらさがほぼ消えたことにつ...

記事への反応(ブックマークコメント)